GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

グリーグか

朝、下からフルートの「ペールギュント」が聞こえてきた。

グリーグが遊びに来たのかと思ったら、昨日ウチに泊まった人だった。
昨日、大騒ぎしたので、みんなの無事な姿を確認して一安心。この気持ちわかる?

サックス×2、フルート×1、トランペット×1でうどん屋で朝昼ご飯を食べたあと、僕が経営するライブハウス「Tokonoma」にて「お遊び的営業ネタ初見セッション」を展開して盛り上がる。
キーボードを設置しておいてよかった。次はミラーボールかスモークマシンだね。

皆さんを送った後、久しぶりに休息をとろうかと思ったけど、貯まってしまっている写譜のバイトにとりかかる。やらなきゃ。。。

〆が直前に迫っているわけではないけど、やらなきゃいけない楽譜の依頼がいくつか控えておるのです。
  1. 2006/11/30(木) 01:58:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

休む間もなく

著作権で食べているならともかく、ミュージシャンは体が資本!

昨夜「ドロン!」のやり過ぎで筋肉痛になった足を引きずりながら、来月10日にライブを控えた「鬼頭 哲 ブラスバンド」のリハーサル。

今回はねえ。会場があまり大きくないのです。
でも会場に合わせて形態を変えるなんてこともできるのですよ。
鬼頭ブラスが普通のブラスバンドと大きく違う点ですね。

リハ後、我が家で宴会。
新しいメンバー2人も急遽参加。
早く仲良くなるには、一緒に飲み食いするのが一番ですな。

宴もたけなわとなった頃、みんなで手をつないで布団の上でクルクル回り、鬼頭さんの「ハイ!バターン!」という掛け声でみんなが一斉に倒れるという遊びが始まった。
あまり覚えていないんだけど、僕が始めたのだろうか。。。
最近、キックボクサーと首相撲をしてみたり、高岡さんと「ドロン」をしてみたり。

酔っ払うと体を動かしたくなる傾向があるのだろうか。
ズラーっと敷き詰められた布団を見て、一気にテンションが上がったのか。。。

しかし、みんなよくそんなことしたなあ。
新メンバーのお二人もバカね。
  1. 2006/11/29(水) 20:27:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高岡さん帰阪

20061129090458
これは、寝る前に
「お先にドロンさせていただきます。」
という技を教わっているところです。

僕の「ヨワッチ感」はなんだろう?
  1. 2006/11/28(火) 09:04:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最終日!!!!

20061128015049
最終日は名古屋市の居酒屋「なんや」にてギタリスト臼井さんを迎えて。
板張りの狭いスペースが鳴りまくる!板万歳!

高岡さんの吹き語り(チューバを吹きながら同時に歌う)による「松田聖子」
「ギターの弾き語りがあるんだからチューバの吹き語りがあっても良い」
という高岡さん。いやいや、そんな発想は普通しませんわい。

4日間無事に終わりました。
というか、全部の会場で「次に機会に繋がる演奏」ができたのが嬉しい!
  1. 2006/11/27(月) 01:50:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3日目!!!

20061126225205
愛知県春日井市のカフェCAWAにて引き続き超人ハルク氏と上向きデュオ!
なんだか店内が暑くて(暑く感じられて)汗だくになってしまった。
それだけ熱演していたということかなあ。
お店のガラスはビッシリ結露して、外からは中で何が行われているかわからない状態に。。。

このお店は、ちょっと不思議な雰囲気をもった女性のオーナーが経営しているんだけど、その人のレコードの趣味がとてもマニアック。

終演後、うれしそうにレコードを漁る高岡さん。
僕は、じつは「音楽聞き込み遍歴」が非常に浅い。そこが弱み。

大学に入ってジャズに興味を持ち始めるまでは、まるっきりクラシック一本だったからねえ。
それまでは、ジャズはもちろんのこと、ロックやポップスなんかまるっきり聞いていなかった。
誰かに、「ねえ、○○っていう奏者知ってる?」
なんて聞かれると、知らないことの方が多かったり。

今でも
「ある特定の奏者が参加しているレコードを買い集めていったら、部屋中がCDだらけになってしまった!」
というよりは、
「演奏者の名前も知らないけど、気に入ったCDを一枚、冬の間中聞いている」
という聞き方をしているんだなあ。

「これではイカン!」とは思うんだけど、なかなか性質は変わらず。
新しい音にひじょーに貪欲な高岡さんをみて考えること有り。
  1. 2006/11/26(日) 22:52:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2日目!!

「旅のチューバ吹き4days」
2日目は、女流男前トランペット奏者の石渡岬ちゃんと三人で。

岬ちゃんの御膝元の三重県四日市市にて。

「短い打ち合わせをしただけで本番をやる」というスタイルに緊張していた岬ちゃんだけど、いざ音を出してみたら、男前ラッパマンに変身。

はい。そうなることは知ってたんだけど。。。
だからアナタをパートナーに選んだのョ。
何かあれば、フォローに回るからネ。
アタイもできれば男前に生まれたかったの。

この三人の組み合わせはとてもオモロかった。
単なる高音、中音、低音楽器のアンサンブルじゃないのだ。
役割がコロコロ変わりまくるというのは、見てて楽しいだろうなあ。

終演後、お客さんにユーフォ(トロンボーン?)吹き、チューバ吹きのお客さんがいたことが判明。
「楽器を吹かせてほしい。」と言われたので「どーぞどーぞ」と快諾。
これがもし、ピカピカ楽器だったらこんなコミュニケーションも成立しないでしょう。
うん。高岡さんの楽器も触られているね。

ライブで三重県に来たのは初めてだったけど、当然ながらこちらにも管楽器のコミュニティは無数にあるわけで。
じわりじわりと染み込んでいきたいなあ。
  1. 2006/11/25(土) 18:56:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1日目!

「旅のチューバ吹き」こと高岡大祐さんを名古屋でピックアップ。
8月のライブ以来でございます。

学生のころからお世話になっております、名古屋市名東区は藤が丘の「West Darts Club」にて「旅のチューバ吹き4days」の第一日目。

会場へ入る前に、母校へ顔を出す。
是非とも後輩の皆さんにも珍しいものを見せたいと思いまして。お誘いに。

マスターの緩みきった表情を見ると、なんだか落ち着きますが、高岡さんが楽器を取り出してちょこっと演奏を始めたら、表情が変わり、誰かに電話をかけて「今晩は絶対に見に来い!」と叫んでおりました。


うん。これは正しい労働者の写真だ。
競り出てくる近藤君のバスドラムを二人でブロックするの図。
20061125031833.jpg

見に来てくれた後輩の皆さん、目がまん丸になってた。
そうだろうそうだろう。音大の外にはこーんなに広い世界がまってるのだよ。

しかし、演奏後、この後輩からきたメールに「癒されました」とのコメントが。
あら。気持ち悪くなるかと思っていたのに。
君たちはどんだけ病んでいるのかね。

マスターがとても気に入ってくれたようで、終了後に次のライブ2件のブッキングのオファーがありました。
来年の二月!ありがたやありがたや。
  1. 2006/11/24(金) 03:18:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オサレさん

20061124141257
大須チェザリにてライブ。

今回はメンバーの内の三人が「Native」というオシャレバンドの人達。

ということで、Nativeのお客さんが来てくれておりましたが、パッとみたかんじでもう何か違うのです。

なんと言いましょうか。バンドの雰囲気とお客さんの雰囲気はやっぱり比例するところあるんだねえ。当たり前か。

もうちょっと平素から気をつけよう。
ベーシスト大久保さんなんて、普段着とステージ衣装で印象変わらんし。

などと考えつつ、商店街で甘栗を剥き、普段は絶対にオーダーすることのないラーメンとご飯のセットを食べる。

明日からの「高岡大祐4デイズ」に備えて、胃を拡張しておくのだ。
  1. 2006/11/23(木) 14:12:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水野啓&ヒズ・タクラミカルテット

20061123104522

ライブ前に、修理にだしていたバルブボロントーンを受け取る。
今までガムテープで塞いでいた管の亀裂を鉄板で塞いでもらったのです。
楽器屋ではなく、リペア学校の先生にやってもらいました。

「デザイン鉄板」を充ててもらったので,なんだかかっちょよくなったぞ!
ちょっと吹いてみたらば「バリン!」とベルが鳴る。
うーん。違う楽器だな。当たり前か。
今までずっと病気のままほったらかしておいてごめんなさい。

来ていたお客さんの中に、隣の町内の人がおりました。
1kmも離れていないんじゃないかな。こんな偶然は初めて。
  1. 2006/11/22(水) 10:45:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マネ考

12月16日に地元海部郡美和町であるクリスマスイベントの打ち合わせなぞ。

地元商工会による、手作りイベントです。
文化の杜をイルミネーションで飾るんですが。そこで演奏させてもらいます。

このイルミネーション、何回目かはしらないけど、年々立派になっていて、なかなかのモンですよ。
これは実はLEDライトの普及の影響なんだろうねえ。
しょっちゅう切れて(消費電力の高い)電球じゃあ、こうはいかないもんね。

まあ、各家庭のイルミネーションには断固反対ですが。。。
でも、これからの日本のクリスマスシーズンは、
「なにがなんでも名古屋清水口美宝堂的イルミネーション過熱シーズン」
ということになりそうな予感はありますな。名古屋の人しかわかりませんね。

家に帰り、何となくテレビをつけたらやっていた、
「日本人による、黒人になりたいダンス」をみる。。。

音楽における「スイング度」というのは、人種の問題ではなく「どれだけ"スイングしている音楽"を聞いてきたか」という問題だと思うんだけど、ダンスに関しては人種の問題だと思うのです。

「盆ダンス」や「阿波ダンス」における日本人の四肢の運びを一度真面目に見てごらんなさい。
ホントに惚れ惚れするくらい美しいのだよ。
  1. 2006/11/21(火) 01:40:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハイテンションな一日

新しいパソコン買って~
すがきや食べて~
ライブ会場の下見に行って~
犬と遊んで~
鬼頭さんの作ったおいしいご飯食べて~
なんだか撮影会が始まって~

なんだか変な一日。寝たのは明け方!
20061121030925
  1. 2006/11/20(月) 03:09:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

同じ楽器

20061120060742
でリハーサル

------
と携帯で日記を書いてたのが朝の5:45!
覚えていない!
リハーサル後に遠方からのメンバーがウチに泊まっていきました。
そんな時間まで飲んでたってことかなあ?

いやー。山田さんすばらしいね。
さすがに奏法の基本がしっかりしているなあ。
「ズル」が無い!
  1. 2006/11/19(日) 06:07:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さらば栄光の日々!

12/10にライブを控えた鬼頭 哲 ブラスバンド
大学時代のユーフォの後輩が入ってくれることになったようです。

ぼくの4つ下の後輩ね。山田伊津美といいます。
在学中は、それはそれは可愛がったものです。
トンネルへ連れて行ったり、廃墟へ連れていったり。
酒を飲ませたり、袋を被せたり。


彼女は大学卒業後、フランスへ渡りとてもとても立派なハクをつけて帰国しました。
この夏には、東京でソロリサイタルも開き、好評だったようです。

そんな立派な後輩が入ってくれるというのは、とてもとても嬉しいんだけどね。

ぼくがいままで「むつかしそーに」やってきていたことが「実は簡単なことだったんだ!」とバレてしまう!
メンバーにもお客さんにも!

「楽器が上手く見えるように吹いていただけなんだ!」
とバレてしまう!

ぼくが生き残るために残された最後の手段は、ぼくの手元にある膨大な量の
「昔の写真!!」

うへへへへ。
saru.jpg


  1. 2006/11/18(土) 15:23:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アルコールの害が無くなるアルコール

できた!いや、できるのは1/17だけど。
20061118104023

うまそー!!いや、まずそー!!
  1. 2006/11/17(金) 10:40:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

キックボクサーと闘う!

20061117001645
手が焦げたDAY!
ひさびさに飲み会をして大騒ぎしました。
元キックボクサーがシケた花火を拾ってきたのでそれで遊んだのさ。
そして首相撲とやらを教えてもらう。庭で。酔っ払って。
あー。。。キックボクサーに完敗!あたりまえ!

体中が痛い。バカなことをした。。。

こうやって酔っ払ってじゃれ合う二人を柱の影から覗き込み、
「男の子ってうらやましい。」
と、ギュッと歯噛みをするのが正しい女子像でしょうか。
  1. 2006/11/16(木) 00:16:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミズケトリオ

20061117135428

照喜名俊典、水野啓、土田邦雄による久々の「世界最K量トリオ」です。
リーダーの水野啓、どこからか知られざる名曲を探し出してきます。

「なにこれ?聞いたこと無い!でもいい曲!」
という感じで、新しい出会いは嬉しいものです。

ベーシスト土田氏も、最近はすっかり忙しくなってしまったようで、あまり遊んでくれなくなってきました。いい事なんだけどね。ヒガミ。

演奏から、重ねている本番の数の多さが感じられて、それはそれで嬉しいのです。

次回は、1月!
なんと次回は「たくさんの新しいお客さんに聞いて貰おう!」
ということで、最近流行りの「ワンコイン」形式になるようです。
  1. 2006/11/15(水) 13:54:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

収穫

200611160312406
200611160312404
200611160312402
20061116031240
今年の春、お祭りの露店で買ったウコン。

格安で販売されていたので、ついつい必要以上の量を買ってしまった。

で、余ったウコンを「シャレで」庭に埋めてみたら、夏に見事に生えてきたのです。

始めは、なんだか可愛いらしい趣があったんだけど、あっという間にグロテスクな熱帯の植物に成長しました。

ウコンといえば、
「その日呑んだアルコールの害がチャラになる」
という効能があると僕が信じてやまない植物ですが、実は「春ウコン」「秋ウコン」「紫ウコン」など、いろんな種類のウコンがあるのです。

やっかいなのは
「種類が違えば効能が違う」ということ。
そして
「露店で買ったウコンが『ナニウコン』か解らなかった」こと。

でも先月、沖縄に行ったときに漢方薬屋で見分け方を聞いてきたのです。
それで、ウチのウコンは「春ウコン」と判明。
調理方、利用方も聞いたよ。

さて!
焼酎に漬けてウコン酎を作ります!

二ヶ月後に完成予定!
  1. 2006/11/14(火) 03:12:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

イングリッシュ・ノー・プロブレモ

名古屋市内のとあるカフェにてガイジンさんが溜まっていたので、ちょっと話し掛けてみた。

シアトルから来たという人達。
仕事の合間にちょっと観光していたところだとか。

しばらく英会話していなかったので、ちょっと歓談でもしてみようと思って、コチラから話題を切り出そうと思ったけど、なかなか言葉が出てこない。

結局、マリナースだの、イチローだの適当な話をしてその場を離れたものの「英語力がずいぶん低下したんだなあ。」と落ち込む。

普段から気を付けて、なるべく英語力が低下しないような努力はしているんだけどなあ。英語で考えるようにしたり、英語の歌を聞いたり。
難しい単語は忘れてしまっても、普通に会話はできるくらいのレベルは保ちたいのに。。。

と、しばらく落ち込んでいたんだけど、自分は日本語でもあまり他人と歓談できないということを思い出してスッキリ。

言語が変わっても性格は変わらんわなあ。
でも、大阪弁が喋れるようになったら自分は随分変われる気がする。
どうかな。
  1. 2006/11/13(月) 03:47:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴージャス☆モンキーズ

20061112230100
11回目のライブ!
三ヶ月に一度のペースでやってます。

一日に二回やります。入れ替え制。
本日も満員御礼!

あー。ビッグバンドの曲をまた書きたくなってきたゾ。
  1. 2006/11/12(日) 23:01:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

徹夜ナイト

安請け合いしたバイトにヒジョーに時間をとられていて辟易しております。
あと何回徹夜作業をしたらよいのだろうか。。。

そろそろ寒くなってきたので、暖房があまり効かない我が家ではスキーウェアが登場します。でも、サスペンダー式のズボンって肩が凝るんだよねえ。。。

手書きのオーケストラのスコアをコンピュータで清書しております。
始めは、
「なんて丁寧に書いてあるんだろう。やっぱり自分の書いた楽譜には愛情があるんだろうなあ。。。」
などとヘンな共感を持ちつつも作業していたんだけど、

「あれ!編曲者は男性なのに女性の字だ!あ!写譜屋の仕事か!」
という事にじきに気がついてからは、やる気半減。

写譜屋という職業があります。
一昔前は、作曲家先生が書いた汚いスコアを綺麗に「手書きで」書き直す、パート譜を作るという職業が成立しておりました。

ただ書き写すだけというわけには行かず、アヤシい箇所があれば訂正できるようなある程度の知識も必要。

これはぼくの想像だけど、若手の作曲家なんかが好んでやっていたのではないかなあ。作曲家先生の作品をいち早く見て勉強できるので。

などと考えつつ、独り黙々と作業をしていると、
「うーむ。この編曲家先生とこの写譜をした女性は師弟関係だったのだろうか。と、するとひょっとして、そこには昼のドラマのような安っぽい愛憎劇が繰り広げられていたのではなかろうか。」
などと、いらん妄想を始めてしまうのです。




20061114005853
  1. 2006/11/11(土) 00:58:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

GSPスタジオ

にてライブ。

普段はロックをやっているライブハウス。
でも、「ジャズ色を強めていきたい」というオーナーの計らいで呼んでもらえました。
記念すべき初のジャズライブです。

オーナーは、
「対バンをしてくれるバンドをいくつか集めて、チケットをノルマ制にして、お金だけ集めれば出演できるライブハウス」
というのにアンチな考えをもっている方です。

ライブハウスの経営としては、そっちの方が楽だけど、いいバンドが育たないと。
500円でも1000円でもいいからお客さんにちゃんとお金を払って見てもらう、という演奏者の責任ね。

真面目にやっているバンドがあれば、バックアップする気マンマンみたいですよ。
これからこのハコ、アツくなっていくといいなあ。
ホントに気持ちよい人達がお店をやっています!


さてさて、演奏はといいますと。
サウンドチェックの段階で方向修正していたら良かったんだけど、PAなんて通さないほうがよかったね。きっと。
音量もいらないから、なるべくお客さんの近くで生音で聞いてもらえるような工夫をしよう!

また次の機会をいただけました。来月!
今度はもっと良くなりますよー。
20061111185320
  1. 2006/11/10(金) 18:53:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これほんとかなあ?

楽器屋さんに10/1付けの中日新聞の特集ページが張り出してあった。
「のだめ」ブームに乗ったオーケストラ特集。

「どこにどんなオーケストラがあるか」という図解だけではなく、
「大阪のオーケストラが統合の危機に!」
「若手指揮者の登用で音色が変わった。」
など、どこまで信用してよいのかわからないような情報まで載っていて面白い。

「平均年収」とかねー。「ほっとけ!」って感じだろうけど。
Image125.jpg
先日は、余興での演奏ありがとうございました。
Image126.jpg

Image127.jpg
名フィルの拠点は名古屋市民会館じゃないのか。そうかそうか。
「藤井郷子オーケストラ名古屋バージョン」も載せろー。

これのワールドワイドバージョンが出来たらもっとオモロイねー。
  1. 2006/11/09(木) 04:23:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

来年の手帳

20061110042510

今年はもらった「ヤマハのレッスン手帳」なるものを使ってました。
これ、5線紙のページがあるところなんか、グー。
使い勝手は良いんだけど、1/3がヤマハの広告なので、そこはブッちぎって使っていました。
それだけで重いからね。

来年の手帳も貰ってきて使いたいところなんだけど、また広告をブッちぎって使うのが嫌だったので、似たようなのを探した。

毎日違う予定が入るので、時間で区切ってあるモノが良いのだけど、大抵、朝9時から夜9時くらいまでのモノしかないのね。

わかってないなー。。。

かなり探し回って、結局、質実Go!犬手帳を買いました。
朝7時から夜12時までで区切ってあります。

でもあまり気に入っておりません。
サックスのセルマーの手帳が良いんだっけか?
  1. 2006/11/08(水) 04:25:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルバイト

20061109013510
なんだか成り行きでバイト(?)を初めてしまいました。成り行きでね。一回こっきりです。

今までやってきたバイト。
明治村チンドン屋
新聞配達
アクションショー役者
医大モルモット
マクドナルド
イベントスタッフ
冷凍倉庫
パチンコ台組み立て
パソコン販売員
などなど。

で、今回のバイトは写譜!
手書きスコアをパソコンで書き直しします。
移調なんかに簡単に対応できるようにね。

楽譜制作ソフトは、ある程度一般に普及しているものの、見やすい楽譜を作るってのはある程度の経験が必要だと思う。

よ~し、餅のある正月を迎えられるゾ!
  1. 2006/11/07(火) 01:35:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

会場がなくなる

昨夜は焼肉美光にお客さんとして来ていたサックス奏者の松本卓也さんがウチに来て大いに呑んだ。はず。あんまり覚えていない。

昼近くに起きて、松本さんに「コーヒーが飲みたい」とリクエストされたので、コーヒー豆を渡す。

豆をいただいたものの、我が家にはまだコーヒーミルがないのです。
ナベの柄で綺麗に叩き潰して「手挽きコーヒー」のできあがり。
せめてすり鉢でもあればなあ。。。

コーヒーを飲んだ後、昼御飯のスパゲッティを作り始める。

出来上がる直前に、トロンボーン奏者の山田奈緒さんがやってきたので一緒に食べる。


仕事にでかけた後、名古屋市千種区のホールに行ってみた。
池下の芸音劇場。
ライブやコンサートで使えるかどうか検討するための資料がほしかったので。

ぼくがまだ学生の頃、他の大学のジャズ研の友人と初めてのジャズコンボの本番をやったハコです。
去年はトロンボーンのコンサートを見に来ていて、そんなことを思い出したりしていた。

で、受け付けにいって係の人に「資料が欲しい」との旨を伝えると、なんだか可笑しそうな顔をされた。

なんでだろう?と思ったら、なんと去年、このホールは閉鎖していたんだって。さみしいねえ。

それにしても、可笑しそうな顔をせんでもええじゃないか。

ここの雰囲気好きだったんだけどなあ。。。
リニューアルオープンしないかなあ。。。
  1. 2006/11/06(月) 00:18:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

焼肉バリチュー

焼肉美光の稲沢店のリニューアルオープンにてバリチューで演奏。

当初の予定では1時間くらい演奏すればよかったのだけど、お客さんが大入りで、結局二時間以上演奏することに。

お客さんは常に入れ替わっているので、同じ曲を使いまわしても問題はないんだけど、それにしても限度があるので、急遽、デュエットなんかを織り交ぜて曲数を増やした。

こういうときに、旋律とコードの書いてあるポップスピアノなんかの楽譜があれば、じゃんじゃん曲数が増やせるというのは、便利だなあと思った。

いやいや、バリチューの本番なんて久しぶりだったけど、面白かった。
昔、名門ブラスバンドでブイブイ言わせていた人達。あなどれませんなあ。
20061107151231

ご褒美の焼肉、いつもながらに山ほど出してもらったけど、ぼくはもうここの焼肉に関してはプロフェッショナル(?)食べさせてもらうプロフェッショナル(?)なので、狙いは「ウマカラホルモン」と決めていたのです。カルビには目もくれません。まいったか。ははは。

さてさて、いろいろ楽しい焼肉屋「美光」ですが、今度は名駅店で年末に忘年会があります。
12月29日と30日。

ぼくは幹事みたいなことをやるので両日とも出席いたします。
よいどれ幹事です。

予約制になります。29日のほうは、早く席が埋ってしまいます。
はやいとこ連絡ください。
  1. 2006/11/05(日) 15:12:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たのしくリハーサル

11/12にライブを控えたゴージャズ☆モンキーズのパート練習。
ちょと忙しかったのでうかうかしていたら、チケットもう売り切れてました。。。
自分のお客さん呼んでない。。。しまった。。。

今日、リハーサルをした部屋は、ワタクシの地元の町の施設。

作曲&ミキシングルームという名のカラオケ部屋でした。
5時間使って2000円は安いね!

部屋にあった通信カラオケのセットも使えたので、楽器でカラオケコーナーをして遊びました。

QuickTime動画コチラ

こんなときにイチバン(楽器で吹いて)面白いネタってなんだろう。。。


えー、こんな場ですが、お願い。
22日のチューバマンショーの写真を撮ってくれた方がおりましたら、
tterukina@hotmail.com
まで送ってくださいませ。おねがいします。
  1. 2006/11/04(土) 23:38:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かわいいことになった

20061104001707
シガーバー「カノウ」でライブ。

街中の交差点にあるこのお店でのライブももうじき一年になります。

最近は、お店からお客さんが道にはみ出してしまう程の大盛況が続いておりますが、なんだかこのライブ、カワイイことになってきました。

ワン公の常連さんができたのです。

飼い主は、音楽にはあまり興味がないというおばあちゃん。

おばあちゃんが言うには、このワン公、普段はこのお店は散歩コースには入っていないんだけど、ライブをやっている日だけ、おばあちゃんを引っ張ってこの店に来るという。。。

ワン公、別に耳を傾けて演奏をじっくり聞いているわけではないんだけど(あたりまえか)、なんだか嬉しいね。今日はこのワン公の為に一曲演奏しましたよ。
  1. 2006/11/03(金) 00:17:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

水野啓

20061103010048
&ヒズ・タクラミカルテットのライブ。

とてもいい感じになってきました。
一緒にやり始めてどの位になるのかなあ?
クセとか好みとか性格とかね。
どんどん楽しくなっていくねえ。

きっと彼の頭の中の構想はもっと広大なんだろうなあ。目の前に広い風景が見えますよ。

水野啓のタクラミ企画、次回をお楽しみに!
  1. 2006/11/02(木) 01:00:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽器を出す前にヘコむ

ある楽団の練習に練習要員として呼ばれて行ったらば、連絡が行き届いていなかったらしく、エラい人に
「誰が来ていいって言ったの?今はちょっと神経質な時期なんだから困る。」

と言われて20年分くらいヘコむ。
そうかと思えば、リハ後にお茶に誘ってくれて、真剣にアドバイスをくれる人も。
うーん。世の中にはいろんな人がいるなあ。

誰のことも嫌いにならずに、嫌なことにはしらーん顔してただただ演奏をしていくなんてできないもんだろうか。
  1. 2006/11/01(水) 23:55:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0