GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

太陽の牙

石川県の高校に遊びに来たら、県芸を受験するというユーフォの生徒が居るというので、いろいろお相手していたら、先生からお金を頂いてしまった。。。

そうかそうか。こちらでも仕事すればいいのか。
可能性はあるよなあ。よしよし。と、タクラム。
  1. 2005/11/29(火) 22:52:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川県にて

ご挨拶!
  1. 2005/11/28(月) 22:51:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Goku meets the Middle Finger(悟空、中指に出会う)

どんな曲でも、自分なりに「思いっきり解釈して」演奏するようにしております。どんなジャンルでも。

「ワカゲノイタリ的」にソレをやると、頭ごなしに怒られるけれど(かのDr.Bowmanにも優しく諭された経験アリ)、それでも「自分なりの解釈を煮詰める」という作業は、必要だと思う。
それが間違っていて怒られるような事があれば、慌てて修正すればいいわけだし。

で、煮詰めに煮詰めて
「この曲は、もはや、作曲者の手を離れて、自分の音楽になってるゼ。イェイ!」
「これからは自分の解釈が、この曲のスタンダードになっていくんだゼ。イェイ!」
と、思っていた曲があったんだけど、最近、自分の演奏が作曲者の掌(てのひら)を飛び出していなかった事を発見。。。

「あれー???おっかしいなー???あんなに傍若無人に演奏していたのに。。。」
と、いうのが素直な感想。

本番間近!再離陸する猶予はあるだろうか??
  1. 2005/11/27(日) 23:56:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

しのぎを削りつつ

ライブを目前に控えた「鬼頭哲ブラスバンド」のリハーサル。
へ向かう途中にコジマヤで油を売る。お嬢ちゃんに会えなくて残念。。。


「鬼頭哲ブラスバンド」
僕が個人的に、このバンドを聞いて欲しい人達は、こんな人達!

音楽が好きだから、中学ではブラスバンド部に入部。
楽器が上手かったので、スタープレイヤーになり、コンクールの上位入賞に情熱を燃やす。
鳴り物入りで高校のブラスバンド部に入学。
音楽が好きで楽器が上手なので、当然のように音大を受験。優秀な成績で卒業。
で、現在、ローンが組めない。クレジットカードが持てない。。。


昨日、楽器を風呂に入れて、格段に反応が良くなった。
ライブでは、切れ味の良くなった道具で、確実にタマネライマスデス。
  1. 2005/11/26(土) 01:24:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

うまく言えない

留学中のこと。アレンジの授業で、先生がしきりに、
「じゃあ、この曲のどこがどういう風にいいと思うんだ?」
「どこがどういう風に駄目だと思うんだ?」

と質問する。なかなか的確な言葉が見つからなくて、皆、シドロモドロする。
そうすると、先生は「表現する言葉を持ちなさい。」と、いつも言っていた。


まー、当時は「ふーん。」と、鼻をほじりながら、適当に流していたんだけど、最近、ようやくその意味が解った。

僕は、演奏会やライブを見に行った後、みんなで感想を語り合うのがあまり好きではない。
「やっぱり、あのドラムはあの人ならではのドラムだよねー。」とか、
「あそこの5拍子が2+3でどうたらこうたら。」だとか。

そういうものを聞いていると、自分の頭の中にある「漠然とした感動、あと味」というものが一気に薄れてしまう気がして。。。黙って家に帰って、余韻を味わいたい。

まー、それはそれで良いと思うんだけど、問題は、次の日。
「その漠然とした感動を、言葉にする作業をしなければ。」と思う。

そう思うようになったキッカケは、とある娘っこ。
この人は、よく音楽に付いて語る。
実は、今までは、ソレを、「おー、若いのー。熱いのー。」くらいにしか思っていなかった。

最近、その子が貸してくれたCDに、えらく感動してしまった。
それで、その旨を伝えたかったんだけど、どこにどう感動したのかが伝えられない。
「よかったヨよかったヨ。」としか言えなかった。

そこで気が付いた。ひょっとして、
「言葉で表現できない=何がどう良かったのか解っていない。」
もしくは、
「言葉で表現するとしないとでは、吸収できているモノが違うのでは。」と。

そうかそうか。みんな、それをやっていたのか。


そう思うと、
「人の感想なんてどうでもいい。自分がどう感じるか、だ。」
とか思って、読む事は無かったCDのレビューなんかも、
「他人が、表現に使っている言葉を勉強する。」
という観点で読めて、面白い。


結局、言葉で自由に音楽を表現できるようになっていたら、その言葉を、自分の演奏やアレンジなんかにすぐに反映できる状態になっているという事だなあ、と。
「人に教えて、初めて身に付く。」というのも、そういう事か。

ここまで書いてみて、なんだか、すごく当たり前のことを書いているようなんだけど、
「言葉にする、しない」では、違うのだ。
という趣旨で書いているのだ。
  1. 2005/11/25(金) 01:07:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

大須

チェザリでライブ。
今回は、電気ベースプレイヤーにヘルプをお願いしたので、朝からファンクを聞いていた。ある曲を楽譜におこして、演奏しようと思って。
でも、CDを聴いていると、新しいイメージが浮んできた。

「んー。これをコピーするんだったら、この曲の雰囲気を持ったオリジナル曲を作った方が面白いなあ」と、いうところまで来たので、急遽制作。
題名「Shadow=悪いヤツ」という曲を作りました。
http://blog-imgs-31.fc2.com/f/u/n/funkeuph/shadow01_rs.mp3
ベースを聴いてください。

「ポヘッとでたオナラ」についての感想をくれたお客さんもいて、嬉しいやら恥ずかしいやら。


さて、今日のライブをするにあたって、一つの不安がありました。
「いつもと違うメンバーだから。」
「今日作ったばかりの曲をやるから。」

というのは、問題ではありません。

「ライブ直前に自分で散髪したからトラ刈りになっていないか心配。」だったのです。

自分で(バリカンで)散髪するときは、大体三日間の定着期間を設けるようにしております。

それをやらないで、
「あ、それ、自分でやったでしょう?」
と、角刈りの自衛隊員に突っ込まれた事もあるので。

今日は誰も何も言わなかったから、ヨシとしよう。
  1. 2005/11/24(木) 01:50:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

岐阜

カラフルタウンにて、トヨタ車に囲まれて演奏。
01.jpg
ビデオを撮っておりました。多少カメラを意識して、「ノリノリ」で演奏していたつもりが、後でチェックしたら「クネクネ」で演奏していたことが判明。一昔前のバンドマンみたいな身のこなしに見えた。
なかなかイメージ通りいかないなあ。

02.jpg
演奏は、ほぼ、イメージ通りにいったけど。
「あれ?この人、裏拍派じゃないはずなのに、裏拍で演奏してる!」
というような、意外な発見も有り。
  1. 2005/11/23(水) 09:21:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

〆切

適当な楽譜を作って、適当に演奏できれば楽なんだけど。。。

自分の名前が入った楽譜を作るという事の重みを、最近痛感しております。
形に残って、他人が再現できるものを妥協して作ってしまうと、後々、大変な後悔をすることになってしまう。

その時々で全力を尽くして書いた楽譜ならば、後で見ても面白いんだけど。。。
過去に作った楽譜だけど、「曲名なんかも、適当に付けちゃ駄目だったなぁ。」というのも、最近発見した。。。

〆切り間近!
  1. 2005/11/22(火) 00:07:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

禅ギター

chara_img1.gif
こーいーけくんの ポテトチップス
こーいーけくんの ポテトチップス
こーいーけくんの ポテトチップスはこいけや

というCMソング。
三段目の"は"の所の和音に違和感を感じていて。
今度テレビで見たら、注意して聴いてみてください。

top_banzai.gif
そんぽ24のCMソング。
二回目の「シャバダバ ダバダバ ダバダバ-」

のメロディーが、一回目の繰り返しではないって知っていた人、手を挙げてー!
ポイントは”バ”です。
  1. 2005/11/21(月) 13:08:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ムジーク・アハト

aht.jpg
つくで祭りにて演奏。
このバンドの名は「スーパー・ポップス・ウインドウ」だったっけ?窓?

音大卒業生とジャズミュージシャンと半々のバンドです。
ジャムセッションをしているような不思議な吹奏楽。
新鮮!またやろう!


帰路。疲れ果てて眠る人。
20051120185101
  1. 2005/11/20(日) 18:51:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あれ?

江南のコーヒー屋にてまたまた演奏。

このお店は、音量が大きいと苦情が来るので、常にmpくらいで吹いているんだけど、あれ?

楽器(バルブトロンボーン)がすごく鳴っているゾ。
これは中古の安楽器で、あまり響かない楽器なのに。

いい楽器だと、小さく吹いても響いてしまって、
「音量は小さいのになんだかウルサイ。」
ということになる(と、思っている)。

だから、こういう場所では、ブリキみたいな(と、思っている)バルブトロンボーンを吹く事にしているんだけど。。。

この楽器は、このくらいの息で吹くのがちょうどいいのかなあ?
これが、ひょっとして細管の楽器の吹き方なのかなあ?
この感じをffで出せないかなあ?

という発見。
手かせ足かせが付いた条件での労働で、得たもの。プライスレス。
  1. 2005/11/19(土) 13:06:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボカリーズ

コーヒー屋で演奏。
ピアニストが調子悪いらしく
「私、今日、終わるまでに絶対風邪うつすからね」宣言。

やめて下さい。平素の心構えが弱いので、それだけで風邪をひいた気分になってしまいます。


演奏が終わってから、名古屋の街を車で走った。
外は木枯らし。車の中は静か。カーステレオもオフ。

自分の内面に、何か「ごちゃっ」としているものがある時に、よくやる。落ち着いて、音楽のことを考える時間が、車の中だったりする。
ふと、チャーリー・パーカーの名曲「confirmation」のフレーズを口ずさむ。

既存の器楽曲に歌詞をつけることを「vocalize」と言います。
「あれ?この曲に歌詞なんて付いてたっけ?」
なんて曲もあったりしますが「vocalize」されたバージョンだったりします。

で、コンファメーションの冒頭部分を日本語でボカリーズすると
「ポヘッと出たオナラかわいい音、プップッ」だな。
などと、静かに考えたりする。
  1. 2005/11/18(金) 13:14:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

電波に乗る覚悟はアルか?

独本気ショーを開いている焼肉屋「美光」で、社長さんが、岐阜県のコミュニティラジオ局で、勤めている女性パーソナリティと会う機会を取り持ってくれた。

はい。とてもとても興味ありますよ。ラジオ。

演奏もちゃんとしましたよ。他のお客さんからの、矢のように飛んでくるリクエスト&オヒネリ攻撃を、全身で受け止めつつ、しっかりラジオ話もしてきた。

電波に乗れるかも。かもかも。うれしー!

鬼頭哲ブラスバンドのライブにも来てくれるそうだ。
これまたうれしー!

同席していた、弟の友達の保険屋さんも来てくれるそうだ。
とにかくうれしー!
  1. 2005/11/17(木) 22:52:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

屋外で

白川公園でQちゃんと練習。
野外で吹くのはやっぱり気持ちいいなあ。
傍らでは、犬の散歩中のおばさんがスズメに餌をやっているよ。

「平和だ平和。」
と、思っていたら、鷹が「バサッ!」とやってきて、あっという間にスズメを一匹さらっていった。

その後、大袈裟な身振りを付けて、呼吸法の練習をしたり、「タカタカタカタカタカタカ」と繰り返し呟いてダブルタンギングの練習をしたり。
20051117173900
「傍から見たら、変人に見えるだろうなー。」
と、思いつつ練習していたら、後ろ向きにウォーキングをするオバサンがやってきて驚いた。
明らかに守備範囲の狭いおじいさんが、手加減を知らない孫のノックの相手をしていて、奔走していた。
やはり平和だ。またここでやろう。
  1. 2005/11/16(水) 17:39:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

アメリカから帰ってくる前、HPを作りながら、「Euphonium」のカタカナ表記は、
「ユーフォニム」とすべきか「ユーフォニム」とすべきか?という疑問を持って、調査をしたことを思い出した。もう、帰国して一年と一ヶ月か。HP内エッセイのコーナー参照。

その後、状況はどう変化しただろうと思い、同じ事をやってみた。
googleにて「ユーフォニウム」と「ユーフォニアム」でそれぞれ検索をかけてみて、ヒット数を調べる。

2004年9/14における、各ヒット数は、
「ユーフォニウム」 4,910件
「ユーフォニアム」 7,110件
「ユーフォ」だけだと4,130件
"ア"は"ウ"の1.45倍のヒット率。

2005年11/15における、各ヒット数は、
「ユーフォニウム」 41,100件
「ユーフォニアム」 64,800件
「ユーフォ」だけだと26,300件
"ア"は"ウ"の1.58倍のヒット率。

と、いう事で、0.13ポイントの"ア"の伸びです。

思ったより、伸びてないなー。


ついでに、「ユーフォニアム・カムパニー」についての統計も始めてみようかと思って、試しに「カムパニー」だけで検索をかけたら、普通に「カンパニー」として検索されたようだよ。そういう決まりになってるの?

まー。はっきり言ってどうでも良いんですが、こういう事を真面目な顔をして発表すると、アメリカの大学院の卒業論文なんかは、軽くパスできます。多分。グラフなんか作っちゃうと。
「日本における、輸入楽器の呼称のカタカナ表記の推移」とかいうタイトルで。
来年もコレやってみよう。
  1. 2005/11/15(火) 02:56:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仏流

ホテルでのパーテーで演奏後、同ホテル内のレストランでのお食事券を頂いた。

恥ずかしながら、わたくし、ホテルでコース料理を食べるなんて事は生まれて初めてございます。


「お母さん、今日の(インスタント)ラーメンは水ラーメンにして。」という会話が交わされるような家庭でしたので。

「ごはんですよ」の食べ終わった空瓶を兄弟で奪い合って、そこにご飯を詰め込んで、箸で掻き混ぜて、ほじくり食べるというような環境でしたので、アタイ、「マナーのマの字」も知らなくってヨ。


とは言うものの、マナーなんてものは、常識の範疇で十分なんだよねー、きっと。マナー教室ってなんだ??

「マナーとは決して習うものでは無く、その人間の内側からにじみ出るものである。」
というフレーズを、さっき思いつきました。使えるかな?



まあ、マナーはさておき、せっかくの機会を頂いたので、しっかり味わいましたよ。おフレンチとやらを。一口ずつ丁寧に咀嚼いたしました。(フランス=イヤミという観念がすでに悲しいザマス。)


でも、味わってみた結果、
「このムース(とやら)にかかっているソースは(COOPの)ミックスキャロットの味に似ているな。」とか、

「ふむ。これがラズベリーか。噛むと、ピコレットの臭いがするな。」とか、結局、基本的に基準がアレなんですわ。

パンナコッタって日本語で言うと何だ?このやろー。
寒天か?このやろー。
  1. 2005/11/14(月) 03:25:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

第一回「交流会」

江南市のコーヒー屋で演奏。

この店では主にポップス、映画音楽を演奏していて、一年前。やり始めた当初は「なんだなんだ!ワシはジャズが吹きてーのだ!」
などと気張っておりました。あんまり人を誘う事もしていなかった。
でも、もう今は全然違います。
泣きのフレーズを心から泣きながら吹いております。
「ライムライト」や「ひまわり」なんて、もう大好き。


そんな折、社会人になってからトランペットを始めたというYさんも聞きに来てくれた。そのYさんからのメールより抜粋。
「ジャズだから細かくやろうと思うとグチャグチャになっちゃうので、大人になってからのスタートだし一音一音大切に成長したいです。」

その言葉にハッとしました。
共に一音一音大切に成長しましょう。
  1. 2005/11/13(日) 02:25:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

涙のフィナーレ

リハーサル行って、ライブに出て、マカナイのカレーライス食べて、帰宅して、徹夜で楽譜作って、明け方にようやく出来たと思ったら、たった一つのクリックミスで、その苦労が水の泡になってしまった朝。
  1. 2005/11/12(土) 06:18:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

野望の

20051112121501.jpg
待ってても誰も仕事をくれなかったので(そりゃそうだ)、こちらから動く事にした。

題して、
「待ってても誰も仕事をくれなかったのでこちらから動く事にした作戦」

学生ビッグバンドや、社会人ビッグバンドが、同じネタしか持っていないという現状は可哀想だし、滑稽にさえ見えるねえ。楽譜にはいろんなバンドのスタンプが押してあったりして。

中学、高校バンドでも演奏できるような易しいモノから、「コレはちょっと。。。デモを出せデモを。」言われそうなものまで作った。デモ音源もちゃんと作った。

さー。でかけよう。
「息子よ!いろんなスタンプを押されて帰って来い!」
  1. 2005/11/11(金) 12:26:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜県の

20051110163306
山あいの学校で演奏。


した後、帰り道にあった巨岩奇岩公園に行ってみた。
http://www.shino-oribe.co.jp/oniiwa.html

「岩屋くぐりコース」入り口にある、
「子供・老人・酔っ払い禁止!」の看板を尻目に、

「大学の裏山で、本格的に遭難した事のあるオレ様をナメルなよ!」
と、意気揚揚とチャレンジしたけど、本当にアブナイじゃないか!

「黒クツのバカ!」

こんなに本気でアブナイ観光地は初めてだ。
今度はスニーカー履いて行こ。
  1. 2005/11/10(木) 16:33:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

チューバマンショーMP3

先月の20日に大須で行われた「チューバマンショー・デビューライブ」
のライブ音源の一部を「チューバマンショー」のブログにアップしました。そんなもんがあったんです。はい。
http://tubamanshow.blog10.fc2.com/

「そんなところまで聞きに行けるか!」
と思っていた皆様、ライブのほんの一部分ですが、是非覗いて下さいませ。



久しぶりに焼肉屋での独本気ショー。
ところが、お店に行ってみると、社長さんが飲みに連れ出してくれた。お久しぶりということで。

社長さんが最近発見したというショットバー。
そこで、マスターに紹介されて、一曲披露ということになった。

程良い緊張感の中で独本気ショーをした後、社長さんが一言。
「ウチでやるより真剣だったな。。。」

恥ずかしい限りだった。言葉も出ない。

初めのうちは緊張の連続だった焼肉屋での独本気ショーも、場数を踏んで、慣れあいになってしまっていたんだなあ。。。

連れ出してくれたのは、それを感じ取っていた社長さんの配慮だったんだろうか。

図らずも、初心に帰らざるをえなくなった夜。
いろんな人が懐かしくなった。
  1. 2005/11/09(水) 01:32:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これが実態なのだ

とある、超由緒有老舗吹奏楽団のトラに行って参りました。
今日は練習のみ。本番は所謂、エイギョウの類い。


実は、クラシックの学生をしていた頃に、この楽団には、何回かトラで来たことあります。
ヘタしたら、もう10年も前になるのかな。

ひっさしぶりに「指揮者に合わせる音楽」をやるという事で、すごく緊張していた。

で、貰った楽譜を見て、ガビーン!!
10年前と同じレパートリーじゃないですかー!!

覚えてるもんだなー。ディズニーメドレーのソロとか。

いやあ、これは、「いつまでも語り継がれる、珠玉の名曲」
というのとは、ちょっと話が違う気がするなあ。

営業ネタというものは、こういうものなんだろうか。。。


ところで、長ズボンの寝巻きはどこへだ?
半ズボンじゃ寒くなってきたな。
  1. 2005/11/08(火) 01:22:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だらだらと

20051108012401
鬼頭さんと吉野さん等ブラバンメンバーと呑み。

ダラダラと他愛のない話しをしたり、真面目に音楽の話をしたり。
起床後はみんなで大須をぶらぶら。
すごくプレシャスな時間なのです。
  1. 2005/11/07(月) 01:24:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭哲ブラスバンド

20051107004500
みと・フェスタにて演奏。
  1. 2005/11/06(日) 00:45:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勉倶楽部

20051106004500
百人以上のお客さんがきました。このライブに来た人は、お得だったねー。いやーオモロかった。

ただ!あんなにラッパの皆さんが盛り上がっているのに、ひたすらバッキングに徹するというのは、かなりツライです。目立ちたがりなので。
「読むぞ読むぞ読むぞ!」と自分に言い聞かせる。

いい霊感をいっぱいもらったなあ。ハイトーンラッパの使い方。それを上手く使いつつ、自分もオイシくなるような曲を書いてしまえば良いのだ。そうだそうだ。そうしよう。
  1. 2005/11/05(土) 00:45:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学校祭

20051105083305
母校の芸祭で、泡盛を頼んだら、40度のままでてきた。
  1. 2005/11/04(金) 08:33:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

人がテンパル時

披露宴での演奏。三重県。

披露宴が始まる40分前に、式場の担当の人が、
「すいません。無理なリクエスト頼んでしまって。」と言う。

僕:「あれ?今日は特別なリクエスト無いですよ。土曜日のヤツじゃないですか?」

担当:「それとは別にホラ、アノ。。。」

今日と土曜日とで、あまりにもたくさんのリクエストを貰っていたので、ごちゃ混ぜになっておりました。

今日は確かに、ある映画音楽の演奏のリクエストを貰っていたのです。重大ミス!

青ざめて「ネ、ネットに繋がっているPCありますかッ?」と聞き、事務室にて、慌ててアメリカのCD販売サイトの試聴コーナーを探す。(アメリカのサイトの方が試聴できる確立高い。)

やっとの思いで、目的の曲を探し出すものの、試聴できたのは「ABAB」形式の曲の真中の「BA」の部分だけ。
不十分だけど、十分だ。一生懸命楽譜を作る。

ふと気が付くと、演奏開始まであと30分を切っているのに、ベーシストがまだ到着していない。

慌てて確認のメールを出すと、
「少し遅れるかもしれないが 俺は不死身だ」
と返ってきた。




結局、演奏開始20分前にベーシスト到着。
なんとか楽譜ができて、コピーもした。

「このような、危機に直面した状況(もしくは、それを脱した直後)に、煙草を一服吸うと、一気に気が静まるんだろうか?」

と、一服しているベーシストを見て思った。
  1. 2005/11/03(木) 21:07:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

リハ三昧

VFSH0267.jpg

午前中、土曜日に行われる「勉倶楽部お披露目会」のリハ。
ライブの詳細はホームページのスケジュール欄にて。

なんでこのバンドは、こんなにコワモテの人ばかりなんだろう。クワバラクワバラ。

良くも悪くも、たった一人の人が、好き勝手に企画するライブっていうのは、趣向が偏っていて面白い。逆に言うと、自分には、まだ偏ったライブが出来るだけの度胸も人望も無いって事かな。。。

今日のリハの時点で、チケット販売枚数は客席キャパギリギリ。大盛り上がりになるでしょう。チケットが欲しい人は連絡くださいませ。


さてさて、午後は久々の「鬼頭哲ブラスバンド」のリハ。
久しぶりの顔、顔、顔。なんだか皆、オトナしくなったかなあ??自分もバテるのが早くなったかな??以前に出来ていた事が出来ないなあ。お祭りまでに軌道修正しておかなきゃ。

ウヘウヘウヘ。久しぶりのシャバだぜ。ウヘウヘウヘ。

こちらのお祭り出演の詳細もホームページのスケジュール欄にて参照してチョンマゲ。
  1. 2005/11/02(水) 16:55:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スタート

日本政府が、南極に「Book Off南極店」をオープンさせましたね。
bookoff.gif

いろいろな国の古本を扱い、なかなか繁盛しているようですが、南極条約に反するのではという、国際的な批判も高まりつつあります。

という夢を見た。なんともしょうもない。。。


さてさて、これはウキウキするプログラムだろうか?
・サンダーバード
・男はつらいよ
・上を向いて歩こう
・レット・イット・ビー
・おさかな天国
・学園天国
・ずんどこ節 等

少なくとも(演奏者が)盛り上がるだろうか?
  1. 2005/11/01(火) 16:31:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0