FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

たまには、専門的に悩む。

中学校にユーフォを教えに行く。

いっつも、まず確認することがあるんだけど、
「ドの音吹いてみて」って。

すると昔は、八割方がBb(Bb管のユーフォのド)の音を出して、残りの二割がC(ピアノのド)の音を出していたような気がする。

でも、最近は後者がだんとつに多くなってるんじゃないかなあ。
僕の留守中に、何か起こったんだろうか。
「あなたにも獲れるコンクール金賞!10の秘訣!」みたいな本が出たとか。

珍しかったのは、
「ドミソで言われてもわからんでゲス。ベー(Bb)とかアス(As)とかでしか教わってねーでゲス。」
という学校。

僕は、ドレミで唄えないと、楽器でも音程がとれない性質だから、それにはちょっと驚いたなあ。

こういうのは、部活全体のシステムだったりするから、変えることは、ほぼ不可能なんだよなあ。

どうなってるんだろ?誰か教えてくれー。


そういえばアメリカの学生は、A,B,C等の音名だけで楽器を習ってて、ドレミでは習っていなかったなあ。
調性が関係ないから、機械的なジャズの演奏はお手のものなんだよねー。ドミソで考えずに、度数で考えているから。。。

個人的には、やっぱりBb管の楽器はBbのドレミで教えるのが一番だと思うんだけど。どうなんだろ??

最近、「頭の中で唄っている音程に対して反射神経で動く指に違う刺激を与える練習」
が面白くてしょうがない。移動ドで読む訓練に似てるかな。




午後は、リハーサル@ぼ、ぼぼ墓地!
uuuum.jpg
ひえ~。こんなところに呼ばんでくれ~。
スポンサーサイト



  1. 2005/06/04(土) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3