GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

本番前

20050630175702
舞台屋っていうのは、もうちょっとおおらかに仕事できないものかなあ。

確かに、ある程度の危険と隣り合わせの職人的な職業だってのはわかるけど。

「はい!そこ、ピアノ気をつけて!」
だの

「反響板気をつけて!」
などと、まくし立てられながらのセッティングは、かなり気分悪い。わかっとるわい。

こっちは、椅子を運んでいるのに、腕組みをして進路に突っ立っていたり、さっき、「気をつけて!」と、叫んでいたピアノに肘をついてもたれ掛かって休んでいたり。

スタッフの対応が変だと、いくら立派なホールでも「また、ここでやりたい!」とは思わないねえ。

「本番のライトは本番まで使えません」ってどういう事?
  1. 2005/06/30(木) 17:57:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

吹奏楽

名古屋ウインドシンフォニーのリハーサル二日目!

コンクールの課題曲を延々とリハーサルしてから、アレンジ物に移ったときに、何とも知れない爽快感があった。

これはなんだろう。。。と、いろいろ考えたら、どうやら音域の問題らしい。
課題曲には、いわゆる「オイシイ音域」が少ない!(ユーフォだけ?)
まあ、中高生が対象だから、使える高音域が狭いのはわかるけど。
高音域を吹けない人には、下の音域だって吹けなかろう。

車で言うと、三千回転あたりまでしか使っていないというか。。。
のたりのたりと、煮え切らない感じ。
もっとレッドゾーンまで、ぶん回したいのに。

ユーフォのことを、「小さいチューバ」と思っている作曲家もいるようだ。
トロンボーンと同じ勢いで上昇していくのに、なぜか、途中でオクターブ下げられたり。
「おいらにも、その音域で吹かせておくれよー!」


さてさて、とても個人的なアホらしい不安要素が見つかった。
なぜか、曲の始まりに不安を感じるのだ。

「どかーん!」と男らしく音が出せない。
「これで、これで、いいかしらー!」という感じ。

これも、「何故かなあ???指揮者のせいじゃないよなあ。」とか考えると。。。

どうやら、「ワン(パチン!)ツー(パチン!)ワンツースリーフォー!」とやってくれないのが、その理由だとわかる。
んー。。。慣れとは恐ろしいものだ。


つい先日ラジオで、赤い鳥の「翼をください」が流れた。
ら、ナント、コレ、間奏がチューバソロだよ。
誰が吹いているんだろ?たぶん、当時の音源だと思うんだけど。
  1. 2005/06/28(火) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

名古屋ウインドシンフォニー

名古屋ウインドシンフォニーの定期演奏会が来る木曜日にある。
それのリハーサルが今日から始まった!

今年の二月に、同じ団体でのポップスコンサートはあったけど、純粋な吹奏楽曲をやるのは、実に二年振り!
さすがに緊張して臨んだねー。

木曜日のコンサートでは、吹奏楽コンクールの課題曲を中心にプログラムを組んである。

と、いうわけで、やっぱり久々に課題曲を吹いた。
「お、コレコレ!ユーフォと言えばオブリガード!」
というのが何ヶ所かあって、一生懸命吹きました。
なんか懐かしいなあ。なんだか照れるなあ。。。

  1. 2005/06/27(月) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

斎藤拓人君が

去ってゆきました。またすぐ来るけど。

今日からは、大阪だそうだけど、移動にかかる金額ナント\1,000

ピカピカバスじゃなくって、えー。。。キラキラバス!
http://www.hotdog.co.jp/bus/index.htm

大阪まで\1,000でいけまーす。安すぎ!


夕方から、「鬼頭哲ブラスバンド」のリハーサル。

今日は、思わず「あ、キレイ!」と叫んでしまった。

そしてそして、このバンドで初めて「変え指」を使った。
音程を調整するための。
んー。。。なんだか感慨深い。
  1. 2005/06/26(日) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

路上ライブ中

20050625225709
発電器の排ガスにやられています。

目指せ!2ストエンジン根絶!
  1. 2005/06/25(土) 22:57:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

大須 チェザリ

大須 チェザリでライブ。

ゲストの斎藤拓人君とは、七ヶ月振りの再会。
ずっと一緒に演奏&イタズラをしていた人だから、日本で会った感激もひとしお。

珍しく、ボサノバの曲を中心にプログラムを組んだ。


今回の重要テーマだった「MC!」
「がんばったねー」とメンバーに言われたけど、これはどう解釈しようかなあ?そのまんまか。


ライブ後、タク君と久々の深酒。。。深酒メイト万歳。



あ、中古チューバ情報ありマスhttp://tubamanshow.blog10.fc2.com/
  1. 2005/06/24(金) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

上々颱風!

名古屋ボトムラインで行われた、上々颱風のライブを見る。

んー!感動した!!
こういう音楽は、古くならないんだろうなあ。
流行の要素なんて、何一つ入ってないよ。

純粋で単純で綺麗なメロディーと、それにぴったりの歌詞があるだけ。
感涙!!マイッタ!!ビタミンC激200g!!

トークもよかったなー。
やっぱりライブなんて、お客さんと絡んでナンボだね。
僕もちょっと路線を変えてみよう。明日のライブから。
がんばってしゃべりまくるぞー!

ライブ後、上々ベーシスト西村さん、上々ローディクラッシー他とKuKuへ。。。濃い!!

一緒に行動していた自転車青年、清水亮君も異次元の世界を見たのでは??
良い影響になるか、悪い影響になるかは分からんけど!
  1. 2005/06/23(木) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

金曜日!

今週の金曜日のライブ!

場所:大須「チェザリ」052-238-0372
時間:19:30
チャージ:\1,000

メンバー
中村智由(as)
照喜名俊典(,Eu,tb)
瀧川紀之(p)
土田邦雄(b)
神谷雄一郎(ds)

の予定だったんだけど、そこに、

斎藤拓人(g)が加わることになりました!
この人は、どう人かというとですね、

僕が通っていた北テキサス大学に在学中のジャズギタリストです。
今は、休み中で、日本に来ています。
jirotaku.jpg

僕が、冒険川下り(夏バージョン)をした後、冒険川下り(冬バージョン)をした人です。
HP内エッセイ参照。

テキサスで、学校の冬休み中に、「ショット大会」で、僕と一騎打ちした人です。
一ヶ月間、どちらが多くのショットをできるか、という大会。
結果は、僕が110杯を過ぎた頃に、血を吐いてTKO。
タク君もその後血吐するも優勝。

酔っ払って「ビデオカセット100本割り」を一緒にした人です。
割れたビデオカセットというのは、ガラスのように鋭利で。。。
僕の右腕には、その時の傷が残っております。


という、イロイロメイトなんだけど、そのタク君のギターがいいんです!
僕のイチオシギタリスト。
彼は、Godinというメーカーのナイロン弦のエレキギターを持ってきます。
ボサノバ等で活躍するアレです。

このライブは、とにかくカッチョいいライブになるでしょう。
彼が、まだ手が届くところに居る内に聴いておいてください。

ライブ、見に来てください。ギターのイメージが変わるでしょう。


さてさて、今晩、旅の途中の自転車少年がやってきました。
沖縄まで行くそうです。
「名古屋弁で、自転車の事をケッタマシーンという」
と教えたら、たいそう喜んでくれました。

タク君も来るし、ケッタマシーン少年も居るし、この週末は、濃い週末になりそうだ!
  1. 2005/06/22(水) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ゴルフ

企業のゴルフコンペのパーティで演奏。
営業バンドの初営業!祝!
otsuka.jpg

荷物を入れておくロッカーのカギを貰って、ロッカールームへ行く。
芸能人の名札が付いたロッカーがずらり。。。
はいはい。ゴルフ場っていうのはそういう世界なんですね。

ゴルフには全然興味湧かないんだよなあ。
ゴルフクラブを放り投げて牛を倒すとか、そういうのなら面白そうなんだけど。
まあ、クラブを買うお金もありませんが。


その昔、真夜中に山の中を意味もなくドライブしていたら、いつの間にかゴルフコース内を走っていて、危うくバンカーに落ちそうになったことあるよ。
  1. 2005/06/21(火) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

通訳!

通訳デビューしてきました。

来日中のシカゴ・ブラス・ソロイスツのトロンボーン奏者
マイケル・丸K氏のレッスンを通訳

分かってたけど、英語ができるってのと、通訳できるってのはほんとに別物ですな。

初めは、マイケル氏が喋っているのと同じようなテンションで日本語訳していたけど、よくよく考えたら、僕が日本語で伝えている人の中には、目上の人もいて。。。

妙にタメ語と敬語が入り混じった、映画の吹き替えみたいなテンションで喋りました。。。
変な語尾ですんません。。。
  1. 2005/06/20(月) 23:22:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

朝五時に

足の裏を蚊に刺されて目が覚める。。。

電気を点けて、愛用のキンカンを探した。
すると、キンカンには蚊が一匹とまっていて、効能を読んでいた。
haehaekakaka.jpg
蚊:「えーと。虫刺され、かゆみ、腰痛、肩こり、打撲、捻挫。半分以上はオレには関係ないな。」

痒みを我慢して写真を撮ったら、まんまと逃げられた。
ナメられたもんです。

今日は、朝からブラスバンド講習会なので、そのまま起きてた。眠い眠い。


帰宅後、アレンジの用事を済ます。
なんで、年配の男性のリクエストには、いつも「マイウェィ」が入っているんだろう。
フランクシナトラ?英語の歌詞で流行ったのかなあ。。。

サビの、「ダァーダァーダ ドゥワ~」という箇所が、なんとも苦手です。
  1. 2005/06/19(日) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ライブ後

娘が中学校でビッグバンドをやっているというお母様方がいらしゃった。

今日は、保護者として偵察。今度は娘を連れて来てくれると。
うれしいねえ。中学校でビッグバンドやっているところもあるんだね。

そういう学校がもっと増えれば、レベルの底上げになるのだ!
ジャズマンも、堂々とお天道様の下で歩けるようになるのだ!

でも、中学生でビッグバンドとなれば、絶対に選曲に苦労しているだろうなあ。かなり選択肢が狭い気がする。

ビッグバンドが中高生に普及するには、楽譜が圧倒的に少ないんだよなー。どうしてるんだろ??
暇をみて、簡単に演奏できるビッグバンドの譜面を書いてみよっと。
いろんな要素を盛り込んで、それでイロハが学べる感じの。



ライブ後、愛息子をむりやり里子に出しました。
見知らぬ土地で、いろんな人に出会って、いろんな経験をして、いろいろな批判を受けて育ってくれる事を願う。。。


あ、愛息子って自分の楽譜のことね。
  1. 2005/06/19(日) 01:25:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ライブ前

20050618194202
ライブ前にうどん屋にきているんだけど、後ろに居る3才位の子供が、

「あっちょんぷりけ」
と連呼しながら騒いでおります。
一瞬耳を疑った。その年ですでに「ピノコ」のことを知ってるなんて。。。

将来は医者だな。
  1. 2005/06/18(土) 19:42:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

サイレントブラスで

明日のライブでやる予定のオリジナル曲をどうしても今日、演奏してみたくなって、ちょっと楽譜作成ソフトに合わせて演奏していたら、楽譜ソフトだけじゃ物足りなくなった

ので、ピアノ奏者とベース奏者に来て頂いた。
それでも物足りなくて、こんどは、パーカッションプレーヤー五人においで頂いた。
パソコンの中の人達ね。

それから更に、サイレントブラスを付けたユーフォ奏者四人(本物)を呼んで、レコーディングを始めた。

これが結構楽しくて、10時間ほどやってしまった。。。
用事そっちのけで。。。


クローン五重奏+リズムセクション。
全部自分なんだから、アーティキュレーションなんかバッチリ揃ってるね。

あー。明日の演奏が楽しみだ。
UsofinadoDemoShort_rs.mp3
  1. 2005/06/17(金) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オレの楽譜にヤツが来た!

もうPCで楽譜を作るようになって、10年くらい経つけど、ようやくアイツを見つけた!
m7(b5)02.jpg

この楽譜が、

こうなるのです。うーん。見やすい。
m701.jpg

ここ!ここが違う!
m702.jpg

日頃から、とにかく読み易い楽譜を作る事を心がけているんだけど、
(リハーサルの効率が100倍良くなるから。)こいつの発見は、かなり嬉しい!

ので、イタズラ!
m703.jpg

Mr.ハーフディミニッシュ
  1. 2005/06/16(木) 17:50:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

真夜中の断末魔

今日は、一日中、今週の土曜日にやるライブ(スケジュール参照)に持っていく曲を作っていた。

こんな感じのラテンの曲。まだ未完成。わからんか。。。
02.mp3

で、パソコンで音楽を作った事のある人は分かると思うんだけど、楽譜を再生するときに、セッティングを間違うと、こんな事になる。
01.mp3

ストレート!フック!悲鳴!そして歓声。。。まだまだパンチ!

これがいきなり真夜中に大音量で再生されて、ドキッとしてしまった。


曲自体は気に入っております。

5Tb+リズムセクション。
ライブで聴いてもらって、気に入ったという人があれば、楽譜差し上げまーす。
  1. 2005/06/15(水) 23:24:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

悪夢

木で組まれたやぐらの上(五階建て程のビルの高さ)に、"ヒッピー仕様"のフォルクスワーゲンのバンが、ちょこんと置いてある。。。ヒッピーとはこういう人達

van.jpg

そのバンの中で、男女八人が一ヶ月間暮らすという悪夢をみた。
食料品は随時、下から補給される。

詳細は覚えていないけど、とにかく、どんどん皆の仲が悪くなっていって、一人がピストルを発砲して、一人がやぐらから飛び降りるという所で目が覚めた。

うーん。。。久しぶりに(4/17の日記参照)寝覚めの悪い夢を見てしまった。

ちなみに、僕はヒッピーではない。
だけど、Hoboになり損ねたことはあるよ。

hobo.gif

  1. 2005/06/14(火) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Tシャツの男

実家近くの、とても雰囲気のいいイタリアンレストランへ昼定を食べに行く。

田舎のこの時間帯。人が集まる場所へ行くということは普段しない。
普通、この歳の盛年男児は、こんな時間にこんな恰好で、こんな場所にいると、とても変な目で見られるから。

でも、どうしても、ちょっと変わったものが食べたくて。。。

行ってみると、予想通りお客さんはすべて女性。
うーん。すごい人だ。。。並んでる並んでる。
この町に、他に雰囲気のいいレストランなんて無いから、みんなここに来るんだろうなあ。

ちょっと躊躇するも、入り口付近で腰掛けて席の案内を待つ。

おしゃべり声の渦!!
デザートビュッフェには人だかり!!
みんな、すごい形相でケーキを睨んでいる。


と、店の奥から男性のお客さんが足早に歩いてきた。
唯一の男性客だ。結構いい年に見えるが。。。ハンチング帽にサングラス。ハーフパンツ。

「やっぱりこんな時間に、こんな場所にいる男児は、不良な恰好をしているなあ。」

と、その男性を見で追っていたら、目が合って、「やあ!」と。。。

月イチで一緒にライブをしているサックス奏者だった。
「こんな所でなにしてんですか?あ、月末のライブよろしくお願いします。」

と、挨拶を交わし、複雑な心境でテーブルに向かった。
  1. 2005/06/13(月) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ベビーブームの理由

夕方、鬼頭哲ブラスバンドのリハに向かう車中でラジオを聴いていると。。。
アメリカのフロリダで、空前の出産ラッシュが起こっているらしい。
例年よりも、25%も赤ちゃんの数が多いって!

その理由!
去年、フロリダがいくつもの大型ハリケーンに襲われた。
何度も電気の供給が寸断され、そんな中で、外に出るわけにもいかず、家の中に留まる時間が増えた為だって。。。アホだ。


リハーサルにて。
Tpにバルブオイルを注そうとして、バルブ三本をズル!っと床に落としてしまった人!
そんな大胆な事故は初めて見た。さすが!!
  1. 2005/06/12(日) 23:56:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

coffee&cigarettes

カフェイベントで演奏。

今日は、東海地方、梅雨入りだったそうな。
幸いにも、雨には降られなかったけど、鼻の穴からナメクジが出るほど(新しい表現の試み)のすんごい湿気湿気湿気!!

楽器の手触りも違うし、出てくる音も違うし、しばらくは「あーでもない、こーでもない」と、楽器のセッティングに戸惑う。
結局、楽器の中に、ナメクジが居るのを発見して、「コラ!」と怒る。←ウソ。
dublin.jpg

今回のライブは、映画のサントラを中心に演奏したんだけど、なかなか新鮮で良かったよ。
共演者に拍手!!

ロック、スカ、ジャズ、ブルースと、いろんなジャンルのものを演奏したけど、今回のヒットはズバリ、「ハワイアン!」

キレイな旋律、明るいコード。
分析してみたら、そのまんま。単にマイナー和音の比率が少ないんだね。
ジャズの曲だったら、マイナー和音を入れるところが、ドミナントになっている。
これは、ラテンの曲にも共通するところがあるねえ。
うん。新しいジャンルの新しい要素発見。うれしー!高木ブー!

しっかし、高湿度の中で思いっきり吹奏楽器を演奏するってのは、かなり消耗しますな。
暑苦しい顔(当社比)で暑苦しい演奏(当社比)をしてすみません。
  1. 2005/06/11(土) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

気になるアノ子の防虫事情

いつも演奏している焼肉屋にお客さんとして遊びに行く。
以前から、いろいろとお世話になっているジャズサックスプレーヤーも一緒に。

今日は女性サックス奏者が演奏しているから、面白い交流になるかなと思った。
んー。楽しかったー。焼肉食べて、ビール飲んで、楽器を演奏して。。。なんて贅沢だ。
20050611110907
「ふるさと」をジャジーに熱演中のK氏。オモロイ!
これ真似しよ。そして、自分の十八番のような顔で演奏しよ。


帰宅後、蚊に刺されまくり、眠れず。。。五箇所か。。。

余談。。。アメリカ人は、蚊がいると扇風機をつけます。
蚊取りマットとか無い。
風が強いと、蚊が皮膚に着地できないので、刺されないと。。。
大雑把と言うか、なんというか。。。
  1. 2005/06/10(金) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

人間ETC

いつも利用する高速道路の料金所には、ETC専用のゲートと、一般用のゲートがあるんだけど、この一般用のゲートにいるおっちゃんが、すごくいい動きをする。

料金所に近づく時、あらかじめ千円札を手にして「ピラピラ~。千円札だよ~。」
とやると、おっちゃんは、(ちょっと慌てながら)お釣りとレシートを用意してくれて、ほとんどノンストップでゲートを通過できるのだ。

コインを見せて、「はい!コインだよー!お釣り要らないよー!」
とやると、レシートだけ用意してくれて、これもやっぱりノンストップ。

料金所に近づいてくる車をタカのような目で「ビシッ」と見てるんだよねー。
僕は、こういう人間臭いやりとりが大好きでしょうがないから、ETCは要らないなあ。

ちなみに、いろんな料金所で試してみたけど、「ヒューマンETC」は、「暇」な料金所、または、「暇な時間帯」に成功する確率が高いようです。
  1. 2005/06/09(木) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ホンコンさん

20050609005406
コンビニの前で缶コーヒーを飲んでいたら、なんだか訳のわからない言葉を話す集団がやってきて、コンビニへ入っていった。

台湾人かな、と思って片言の台湾語で「チャック開いてますよ(ニーターラーリェーメーラー)」と話しかけたら、香港人(台湾語通じない)だった。よかった。

香港人は英語オッケー(元英領)なので、しばらくしゃべってみた。んー。。。懐かしい訛り英語。
語学学校時代を思い出す。


「このテレカで香港に電話かけれる?」
とか
「電話ボックスはどこ?」とか質問される。
電話ボックスは、今時、なかなか見つからないよねえ。

修学旅行で万博にきてるんだって。そんなに有り難いものなんだねー。万博って。
なんだか、記念写真とか撮られた。
名も知らない香港人の日本旅行の思い出の1ページになったのかなあ。
実は、写真を撮った坊ちゃんはジャッキーチェンの息子だったりして。
後日、ジャッキーチェンから電話がかかってきたりして。
  1. 2005/06/08(水) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

君が代って。。。

君が代を小学生でも演奏できる簡単な楽譜にアレンジする機会があったんだけど、改めて、あの曲って変な曲だなあ。アレンジャー泣かせ。

君が代行進曲ってのも試しに聞いてみたんだけど、「何じゃこりゃ?」だね。


まー、無難にアレンジしておいたんだけど、ちょっと煮え切らない部分があったので、お遊びで好き放題にアレンジを始めてしまった。

これが楽しい楽しい。一気に三時間も熱中してやってしまった。。。
che1.mp3

これ、ひょとして怒られるかなあ。
シャレですので、シャレ。
僕は別に、そっち寄りでもなんでもございません。

さてさて、なんの曲の進行にかぶせてあるでしょう?
細かいテンションはいろいろ変えてありますが。。。

判った人は、コメントください。
先着1名様にリードシート(コードとメロディだけの譜面)をプレゼント!!ネタで使ってください。
  1. 2005/06/07(火) 18:49:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7

ほえ~

今から~、打ち合わせ行って~、

その後、夜11:00からリハなのさ~。

初顔合わせで~、誰もやった事の無い曲が10曲~。

何時に終われるかわからんよ~。

夜明けまでになんとかなるかね~。

こわいよ~。遅すぎるよ~。

テンション上がらんよ~。
  1. 2005/06/06(月) 18:17:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結婚式

結婚式にジャズトリオで参加。
いやー、まったく見ず知らずの人の結婚式なのに、すっかり新郎新婦に感情移入してしまったよ。
幸せになれよ、このやろー。

何回か、結婚式の仕事をさせてもらって、ちょっとずつ結婚式の見方が変わってきたなあ。
結婚式の写真をみて「キャーキャー」言う女性の気持ちがわかるような気がしてきた。キモイか。


夜はシノノメソラのライブを見に行く。
おもろかったなー。自分達のスタイルがバシッと決まっていて、それを楽しんでやっているてのは、見ていて気持ちがいいもんです。

今は、思いっきり「こういうお客さんがいるから、こういう音楽を」っていう完全受身体勢で活動しているから、ちょっと羨ましかったねえ。よっしゃ。がんばろ。
  1. 2005/06/05(日) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

たまには、専門的に悩む。

中学校にユーフォを教えに行く。

いっつも、まず確認することがあるんだけど、
「ドの音吹いてみて」って。

すると昔は、八割方がBb(Bb管のユーフォのド)の音を出して、残りの二割がC(ピアノのド)の音を出していたような気がする。

でも、最近は後者がだんとつに多くなってるんじゃないかなあ。
僕の留守中に、何か起こったんだろうか。
「あなたにも獲れるコンクール金賞!10の秘訣!」みたいな本が出たとか。

珍しかったのは、
「ドミソで言われてもわからんでゲス。ベー(Bb)とかアス(As)とかでしか教わってねーでゲス。」
という学校。

僕は、ドレミで唄えないと、楽器でも音程がとれない性質だから、それにはちょっと驚いたなあ。

こういうのは、部活全体のシステムだったりするから、変えることは、ほぼ不可能なんだよなあ。

どうなってるんだろ?誰か教えてくれー。


そういえばアメリカの学生は、A,B,C等の音名だけで楽器を習ってて、ドレミでは習っていなかったなあ。
調性が関係ないから、機械的なジャズの演奏はお手のものなんだよねー。ドミソで考えずに、度数で考えているから。。。

個人的には、やっぱりBb管の楽器はBbのドレミで教えるのが一番だと思うんだけど。どうなんだろ??

最近、「頭の中で唄っている音程に対して反射神経で動く指に違う刺激を与える練習」
が面白くてしょうがない。移動ドで読む訓練に似てるかな。




午後は、リハーサル@ぼ、ぼぼ墓地!
uuuum.jpg
ひえ~。こんなところに呼ばんでくれ~。
  1. 2005/06/04(土) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

今日はゆっくり

金曜のすこし蒸し暑い午後。。。あるカフェにて。


軒先に、ひっそりとある紫陽花のつぼみに目をやり、深く息を吸う。
そして僕は、トロンボーンを通して、「咲けよ咲けよ」と声援を送る。



その後!!!

休憩中に共演者が駐車場で大怪我(顔面血)!
救急病院へ連れて行く!

帰りの車中で「過去の痛かった話」をされる!

貧血をおこす!(僕が)


わたくし、それ関係全く駄目でございます。
小堺かずきの「ごきげんよう」の「痛かった話」で吐いたことあります。

そして、上の紫陽花の云々はウソ。
紫陽花の花を愛でるより、ナメクジに塩をかけて梅雨を過ごすタイプです。
  1. 2005/06/03(金) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ミュージシャンとは

ミュージシャンとは、封筒を見ると透かして見ずにはいられない、悲しい生き物です。



そして、いくら見つめても空である封筒を握りつぶし、
「あばよ。」と投げ捨てるのです。
futo.jpg
今この瞬間に、日本全国で、いったい何人のミュージシャンがこの光景を目にしているのだろうか。。。

そして、そのうちの何人が神の祝福を受けているのだろうか。
kore1.jpg

  1. 2005/06/02(木) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ヨサコイは。。。

たまたま、地元の 「少年少女合唱団」 の指導者と話す機会があった。

なんとなく話を聞いていると、年末に行われる 「少年少女合唱団」 のコンサートに、お年寄りに参加してもらう企画を考案中だと言う。

お年寄りに、ステージに上がってもらって、孫、又は孫世代のちびっ子と一緒に童謡を唄ってもらうんだって。

感動しましたね。いい話じゃないですか。
そういう企画が、地元の片田舎で進行中だということが嬉しい。

文化振興ってのは、こういう事だよね。うん。


「万博には、こういうイベントあったりするかな??」
「自分には、こういったイベントを企画、実行できる器があるかな?」
と、いろいろ考えさせられた。
  1. 2005/06/01(水) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0