GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

悪夢

悪夢。。。

ホラー映画を見ると、ほぼ100%の確立で夢に出てくるので、普段は「ホラー映画を見ない勇気」を心がけてるんだけど、先日、テレビでやってた映画を見ちゃったんだなー。
「エボリューション」っていう映画。
evolution.jpg

試しに検索してみたら、「SFコメディ」だってよ。こんちくしょー。

ちょっと前に見たんだけど、今ごろ夢に出てきたよ。。。

わけのわからないエイリアンに追われて、逃げ回って、追い詰められて。。。
「キャー!!!」っていうところで目が覚めた。

で、「あー。夢か。。。この前見たアレだな。ヤレヤレ。」
と思って、寝たら、まったく同じ夢をもう一度見てしまった。

同じ場面、同じ登場人物、同じストーリー。

同じ悪夢の二本立ては初めてです。やめてください。
  1. 2005/05/31(火) 23:27:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

リハーサル中!

20050530230305
サルサバンドのリハーサルに参加。

よく勝手がわからないままの参加。これは何のリハだろう?

コロンビア人と住んでたことあるからスペイン語、ぽきーとわかるよ。

コモエスタ赤坂デルコラソン!
  1. 2005/05/30(月) 23:03:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

コモングラウンドパートII

昨日に引き続き、伏見の「コモングラウンド」で演奏。
ただし、今日は昼間。晴天!いぇーい!

今日は「ワインの会」でございます。
wine.jpg

ワインの業者と、お料理教室と、バーが三位一体となって行ったイベント。
昼間からワイン飲みまくりです。あ、ちゃんと演奏もしたよ。



ワイン&オードブル! ビバ!ワイン&オードブル!
普段は「焼酎&スルメ。てやんでーこんちきしょう」だからなー。
うまかった!
「うまかった!」なんて表現しちゃ駄目なのかな(?)
「おいしゅうござんした」 か。

オードブルを頬張りながらも、
「そこの”どんどんあん(うどん屋)”がキャンペーンやってて、今日行けば、100円の金券×3枚もらえるんだよなー。これ食べるのやめて、うどんを食べに行けば、明日から、三回うどんが安く食べれるんだよなー。」
などと考えてしまう安っちい自分。


ここのお客さんは、面白い人ばかりだね。
マスターの人柄だろうか。
またこの企画やらないかな。。。
  1. 2005/05/29(日) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コモングラウンド

伏見「コモングラウンド」で演奏。

毎回違うメンバーだけど、ちょっとずつお店にも慣れてきて、とてもリラックスして演奏ができた。
純粋に、他のプレーヤーの息遣いを感じてそれに応戦するという基本的なことが凄く楽しめた。
common.jpg

ここでの演奏、良くなってきてるねー。バンド自体が。
次回も呼んでくれい。

お店の雰囲気によって、できる事、できない事(やっていい事、やっていけない事)ってあると思うんだけど、ここは割と実験的なことが出来て好き。
お客さんがすごく近くて、反応が手にとるようにわかる。
ヘタなことをやると、「駄目だ。」と。そんな反応をしてくれる。
お客さんが飾らずに、自然体で聴いてくれている。いーねー。こんな店。

その後、メガネドラマー宅で、坊主ピアニストと戯れる。
細身ベースプレーヤーからイタ電あり。

このベースの人、僕が唯一尊敬するイタズラ使いです。
この人のイタズラ、面白い。冴えてる。

ワタクシ、日頃、あんまり頭を使わないで、突発的に行動しておりますが、イタズラとなると、すごく頭の回転が速くなるのが自分で実感できマス。
そんじょそこらの麻雀名人よりもよっぽど先の先の手が読めマス。


でも、この人にはかなわん。弟子入りしたい。イタズラの。。。
「土田邦雄流イタズラ塾」できないかなあ。。。実名だしちゃうけど。
  1. 2005/05/28(土) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

トルカトラレルカ

一宮のコーヒー屋「三幸」で演奏。

休憩を挟みつつとはいえ、六時間の演奏はさすがにツラい。
ペース配分を考えずに吹いていたら、最後はデロデロになってしまった。。。

わざわざ来てくれた人(呼び出された人)、ありがとー。

ピアノソロで「ヒロシ」のテーマ演奏中。
hiroshi.jpg



その後、インターネットでたまたま見つけたハコを視察に行く。
http://www.plasticfactory.jp 元、プラスチック工場なんだって。

サイトをみていたら、どうやら、外人のジャズサックス吹きが経営に携わっているっぽいので、これは放ってはおけないと。

「オレ様の街で、挨拶も無しになにをデカイ顔してんだ、このやろー!!」
「あのー。ボクちん、ボロントーンとか吹くんです。よかったらお友達になって下さい。」
って言おうと思って。

気分は道場破り。サシで勝負。
ボロントーンを担いで大股で店に向かう。
(多少、誇大表現してあります。)

歩速を上げ、眉間に深さ5ミリのシワを寄せ、安全靴でドアを蹴り破る。
(多少、誇大表現してあります。)

「おぅおう!ポールってのはどいつでい!」
(多少、誇大表現してあります。)



いなかった。。。



スイス人のオーナーが経営しているクラブ。
外人がいっぱいいました。こんな今池の片隅に。
でも、問題のポールさんは、ライブなどの相談にのってくれるだけのようです。

まー、こういう雰囲気は好きな方です。
仲良く付き合っていきたいな。
  1. 2005/05/27(金) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

チキチキ北京ジープ!

ヤフーのニュースに、こんな車が!

ワタクシ、隠れ車オタクを自称しております。
夜間の運転時にバックミラーに移るヘッドライトの形状で100%車種が判別できます。たぶん。
排気音でメーカーが判ります。たぶん。
人の顔を見れば、大体どんな車を運転しているか判ります。←ウソ。

そんな僕が飛びついたクルマ!ぺぺペッキンジープッ!
「独自の知的財産権」=特許?を用いた技術を使って開発って!
pekin.jpg

どこにだろ?
運転席に座ると、真四角ボンネットに阻まれて路面が見えなさそうな辺り?
それとも、タイヤが小さすぎて段差を越えられない辺り?
このサイドミラーの位置もデタラメじゃないの?


物事の使い勝手を突き詰めたら、「機能美」という美しさがおのずと現れてくると思う。
historyTopImg.jpg

この米軍ハマーは1.5mの垂直の壁を登れるんだよ!
無骨だけど、それ相応の機能美を感じるじゃないですか。

そんなおちゃめな「北京ジープ」には「ゼンジー」という冠を与えます。
ゼンジー北京ジープ」

ほら。それらしく見えてきたでしょ?
  1. 2005/05/26(木) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

名古屋でジャズフェスティバルを!

という熱い思いを持っている商店街の会長さんと打ち合わせ。

商店街のお祭りでジャズを演奏するんだって。
過去には、売れる前のケイコ・リーも出場したことあるんだってよ。

僕は、地元が好きだから地元でこういうお祭りが盛り上がっていくとうれしいな。


人前で演奏できることの価値。曲をアレンジできることの価値というのを、よく理解してくれている人で、すごく嬉しかった。
その会長さんは、職人といってもいいような仕事してるからかなあ。

金額の問題ではなく、話し方、接し方から、そういうことが汲みとれた。こんな人もいるんだなあ。

打ち合わせの後、なんだかとても嬉しくなって、どんどんあんで、うどんをお湯にくぐらせる最中もずっと笑顔だった。

さーて、昨日のアレンジの続きでもするか。
  1. 2005/05/25(水) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

画面の歪みは心の歪み

いつの間にか溜まりに溜まっていたアレンジをこなしております。

やらなきゃいけないアレンジ13曲!!
今日出来たの9曲!!頑張った!!

なんとなく丸め込まれてしまって、ボランティアでやっているものもあるから、かなりのストレスが。。。

そのストレスに追い討ちをかけるように、モニターがご機嫌ナナメになってしまった。

どうご機嫌ナナメかというと、ずばり、表示がナナメ。
モニター自体の調節機能の範囲を越えたナナメ加減です。
monitor.jpg


直線が歪んでおります。もう、こうなってしまってから4日経った。

ブラウン管の仕組みってのは、ブラウン管の後ろの方にビームを発射する装置があって、そのテレビームが水平方向の走査線になって、一列一列の積み重なりが、画像になってるんだよね(?)

ってことは、これは物理的にどこかが壊れたってことだよね。
調節とか、セッティングの問題じゃないよね。


始めは気持ちが悪くって、頭が痛くなってたんだけど、最近は慣れた!!人間の適応力はすばらしい!!

もう五線が真っ直ぐじゃなくても違和感がない!!


と、いうか、新しいの買おうね。
  1. 2005/05/24(火) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

真実は。

うーん。。。

雷と、車について、気になったから調べちゃったじゃないか。
稲みさん、oooka君、真実はどうやらこうです。

National Lightning Safety Institute 
のHP(米)によると
http://www.lightningsafety.com/nlsi_pls/vehicle_strike.html

基本的に、雷の電流は、太い配線や、ボディの表面を伝って地面に逃げるので、乗客は安全との事。ただ、室内が濡れていたり、シートの素材がプラスチックであるか、皮であるか、オープンカーだったりしちゃうとか、等の状況の違いで危険度は変わってくる。と。

雷嵐に遭遇したら、
「車内の金属部に触れない事。ラジオ、ハンドル、シフトノブにも触れるな。路肩に停車して、両手は膝の上に。」だそうな。


警察官が雷嵐の中、車内で無線を使用していた時に雷が落ちて、口や手を大火傷したっていう報告もあるんだって!!
これにはちょっとトキメキ。

ちなみに、上HPには雷が落ちた車両の写真もあるけど、あんまり面白くないなあ。
まー、面白がるもんでもないけど。。。


と、コレを書きながら思い出した。

コロラドでスキーをして、車でテキサスへ帰る時の事。
真夜中に、ニューメキシコの山の中を走っていたら、嵐に遭遇。

雷雨の中を走っていると、雷が上から下ではなく、「下から上!」とか、「後ろから前!」「あっちからこっち!」と、それこそ縦横無尽に走っていてビビッたことがあったんだけど、あれは雷雲の中を走っていたんかなあ。。。

そういう状況の中では、きっと「手を膝の上においてヨイコちゃん」でいた方がいいんだろうね。
  1. 2005/05/23(月) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

雨雨雨

一日中雨だったねえ。

でも、雨も別に嫌いじゃないです。昔は雨や曇りだとテンション下がってたけど、最近はテンション変わらず。大人になった証?

しとしとと降る雨もいいもんですな。色気があって。
でも、豪雨もすきだけど。なんじゃそりゃか。


ウチでは昔から、嵐が来て雷が鳴り出すと、子供は父に連れられてドライブに行くというファンキーな習慣があった。

子供ながらに、「なんでだろう?雷が車に落ちたらどうしよう。」
とちょっぴり怖かったね。

これは雪の時も同じ。雪が降り出すと、雪見ドライブ。


こんな父の性質が僕にも受け継がれてるのかなあ。
僕もそんな親になりそう。


テキサスに居たとき、トルネード発生の真下に居合わせたことがあるよ。

警報のサイレンが鳴ってるから、外に出てみたら、雲がすごーく低い位置にまで下りてきていて、トグロをまくように、ウネウネと動いている。

始めは面白がって見ていたけど、だんだん怖くなって家の中に入った。この僕を家の中に非難させるだけの気味悪さだから、相当なもんだよ。アレ。

で、ニュースを聞いていたら、トルネードが発生したけど、尻尾が地面にタッチしなかったから、被害は出なかったんだって。

というか、地面にタッチしていたら、家ごと飛ばされてましたがな。

当時、同居していたコロンビア人は、絨毯のクリーニング会社でバイトしていて、真夜中に「隣の町がトルネードで壊滅状態だから」といって、駆り出されていた。



あー、あと、地すべりの現場に居合わせた事もあったなー。
日本で。

台風が去ったあとに、面白がって山に行ったら、土砂で道が埋まっていて、その斜面が「ずりずり」とゆっくりと動いてやんの。

これも一目散に退散しました。危ない危ない。

というわけで、しとしとと降る雨は良いですね。という話でした。

  1. 2005/05/22(日) 21:14:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

いらっしゃーい

「鬼頭哲ブラスバンド」のライブをよく見に来てくれている人が、いつも「グロ可愛い」カエルをカバンからぶら下げていて、気になってた。

その人が、先日のライブ「音圧地獄!!」を見に来てくれたので、思い切ってそのカエルの正体を聞いてみた。

そのカエルは、ぬいぐるみではなく、ガマグチ。実用品。

そのカエルは、大須で手に入るという事がわかった。
サトミさん、情報ありがとう。

気になる「カエル」。タケダミユキさんのお店はコチラ↓
http://www3.starcat.ne.jp/~meyou/

で、さっそく連絡をとってみたけど、僕は別に財布が欲しかった訳ではなく、カエルの形をした
「マウスピース入れ」が欲しかったのです。

アノ類いってどれもこれもクソ(失礼。)味気ないじゃないですか。

kaeru.jpg


すると、とても快い返答をもらったので、今朝、実際にお店に足を運んで、マウスピースの実物をみせつつ、こちらの希望を伝えた。

今までのもの(ガマグチ)に改良を加えて(クッションを厚くしたり、仕切りを付けたり)、マウスピースが二本入るカエルちゃんを作ってくれるって!!写真は、「ガマグチ仕様」のカエル。

値段もお得感満点!特注品なのに!
実際にいくらなのかは、お店で聞いてね。(と、宣伝もしつつ。)

ミユキさん、お忙しいようで、制作には、約一ヶ月必要とのことだけど、コレができたら、自慢しまくるぞー!さー、みんな、(自慢される)覚悟しとけよ!!
なんせ、世界初の「カエル型マウスピースケース」だもんね!!!

みんな、羨ましかったら真似していいよ。
ただし、「二番煎じ」「三番煎じ」と、刺繍を入れてもらうけど。

はい。。。もうクドイですね。


昼間は、カフェイベントの打ち合わせ。
映画「コーヒー&シガレッツ」を見た後に、カフェで映画に使われた音楽を生バンドで聴きましょう、と。
詳細は、スケジュールで確認してください。
なかなか濃い内容になりますよ。



夕方からは、「鬼頭哲ブラスバンド」のリハーサル。

ヨーロッパツアーより、一時帰国中の鬼頭さんが久々にバンドに戻ってきた。やっぱり「ホッ」としたのは、僕だけでは無いはず。

そしてそして、新メンバー四人の初顔合わせ。

対応力の良さは、皆さんさすがですな。
一時間でバンドの雰囲気がガラッと変わった。

バンド自体の音量がでかくなったなと思って、張り切って吹いていたら、「あれ?あれれ?」という程、あっという間にバテてしまった。
あれは音量じゃなくて「良性バイオン」だったんだな。ブラボー!

「音の立ち上がりが遅い」=「溶け込む事が前提」なのかな。
ちょっと気になったけど、鬼頭さんは、そのアンバランスさも楽しんでいる様子。

みんな、基礎がしっかりしているから、これから化けるでしょー。
鬼頭さんが言ってたけど、「わらじは二足ある」って。
楽しみ楽しみ。

  1. 2005/05/21(土) 02:06:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

禁断症状。。。

最近、冒険症の禁断症状に悩まされております。

「いきなり山に行きたくなる」
「小鳥とおしゃべりしたくなる」←ウソ

という健全なものはいいけど、

「立ち入り禁止の看板が気になる」
「高速道路のトンネルの横穴が気になる」

という不健全なものはちと困りますな。



またグランドキャニオン行きたい☆
kumitaisou.jpg


またメキシコ国境地帯で車が壊れて、カウボーイのお世話になりたい☆
TruckToshi.jpg

LongHornBRWN.jpg


僕は、おもいっきり右脳派(良く言うと。悪く言うと。。。なんでしょ?)なので、机の上だけじゃあ、新しい曲が書けない。

何かこう、頭にガツーンと来る新鮮なイメージが欲しいなあ。


日本は幸いにも、こんなに南北に長いから、北から南まで移動すれば、いろんな風景に出会えるんだろうけど、とにかく移動にお金がかかりすぎだよねえ。
高速道路。もうちょっとなんとかならんもんかね。


割と、禁断症状が激しいので、日記が2,3日途絶えたら、
「あ、どこかで無茶してるんだな」
と思ってください。
  1. 2005/05/20(金) 11:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

独艶!

焼肉「美光」にてソロ演奏。

この企画も始めてからほぼ半年が経ったけど、始めた頃から比べたら随分といろんなことが出来るようになったなあ。

お客さんが求めているものに対して、敏感に反応できるようになったと思う。シロバリさんみたいに。(←わかる人だけでいいよ。過去のパイパース参照。)


さてさて、僕が焼肉屋でバキバキと演奏していた頃、名古屋市千種区では「東京中低域」が同じくバキバキと演奏していた。はず。見に行きたかった。

その域員である鬼頭さんが、遠い世界へ行ってしまってから、随分と生活サイクルに変化があった。

それだけ強い影響を受けてるってことですな。


ちょっと調子良いですよ。いや、楽器は穴空いてるんだけど。
自分のコンディションが良いです。
こんなに楽しく楽器が吹けるんだったら、
「趣味と実益をかねてて羨ましいですね。」
と言われてもイイかも。
  1. 2005/05/19(木) 23:59:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

蚊よ

蚊よ。。。

唇だけはよしてくれ。
吹けんじゃねいか。



最近お気に入りのCDを穴が開くほど聞き込んでおります。

研究。。。具体的に何をどうしたら、この雰囲気がでるのか、と。
その要素を箇条書きに書きだしていくのです。
おもろいよー。


「元料亭だった建物の3階で泡盛をストレートで飲んでいたら、ブラジル人がやってきて、このCDをかけ始めた。」

という不思議なシチュエーションで出会った珍品。
そのシチュエーション自体が宝物でございます。
  1. 2005/05/18(水) 23:07:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

うちの母は

20050517203002
ファンキーです。
  1. 2005/05/17(火) 20:30:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

着々と。。。

一号!!
log.jpg


二号!!
Tubaman2.jpg




準備準備。。。
新ユニットです。

あれ?
ブログの「投稿」についてよく理解してませんでした。
連続投稿すんません。
  1. 2005/05/16(月) 22:12:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

リハーサル

緑区でリハーサル。

「緑地公園近く」というのを、ずっと「森林公園近く」と勘違いしていて、危うく違うところへ行ってしまうところだった。

出る寸前に気づいてセーフ。よかったよかった。

duck.jpg


山の中にある公共の施設でのリハ。
森があって、池があって、アヒルがいて。
そういう所は好きだけど、その後ろにドドーンと変電所があるのは、かなりマイナス。。。
ここは、夏は虫だらけでキビシイよなあ。


よく、テレビで、森の中でハンモックを吊って、そこで昼寝だとか、読書を決め込むシーンがあるけど、あれは、実はファンタジーだよね。

実際の森の中は虫天国。よっぽど風邪の強い日じゃなけりゃ、目玉の水分をめがけて小バエは急襲してくるし、蚊は大群でたかるし、ヒルは木の上から降ってくるし。そんなにいいもんじゃないよ。

それとも、どこか僕の知らない遠いところには、ハンモックでゆったり昼寝ができるような森があるのだろうか。ドイツあたりに。


テキサスにいた時、原っぱを散歩して帰ってきたら、おケツに
http://www.ticktexas.org/

が、くっ付いて血を吸っていたのを発見してヘコんだことがある。
こいつは、頭を動物の皮膚の中に突っ込んで血を吸う。

無理やり引き剥がそうとすると、体だけちぎれて、頭は皮膚の中に残ってしまうから、発見したら、こいつの周りをワセリンなどのクリームで覆って、酸欠状態にして頭を引っこ抜くのを待つか、ライターの火などで「優しく」あぶって、これまた自発的に頭を引っこ抜くのを待たなきゃ行けない。

どーだ。気持ち悪いだろう。
森には敵がいっぱいと。そういう話です。
  1. 2005/05/15(日) 11:49:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新事実!

つい昨日、ノイズキャンセリング機能のついたヘッドフォンについて書いたけど、それについて東京の友人から恐るべき情報が寄せられた。ありがとー!

そのヘッドフォンは、確かに、外からの雑音は遮断するけど、今度は、自分の体から出る音が気になってしまうと。

呼吸の音、心臓の音、脈の音。


キモイ!!

小学生のときに、血液検査があった。
その時にいた、注射のヘタな看護婦のおかげで、ずっと血液とか、血管とか、そういうもの全てに恐怖症をもってしまって。

こういう単語を書いているだけで気分悪くなる。。。

そんな僕が、自分の体内の音に敏感になってしまったら。。。
恐ろしい。。。


面白い皮肉ではあるよね。
外部のノイズを遮断したくて、高価な器具を買うと、今度は自分の体内のノイズが気になりだす、と。
そして、

「俺の存在もノイズだったんだ!!」
と叫んで、自ら命を絶つ青年の小説が書けますね。たぶん。

あー恐ろしい。。。
  1. 2005/05/14(土) 23:40:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

失敗

20050514173901
  1. 2005/05/14(土) 17:39:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

時速100キロで降下中!

スカイダイビング中でーす!
そろそろパラシュート開きまーす。

20050514135702
  1. 2005/05/14(土) 13:57:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

コツコツとネタ仕込み

朝から、晩までネタ仕込み。

アレンジしたり、Cubaseでデモ音源作ったり、楽譜作ったり。
なんだか最近、楽譜を紙に書いてないなあ。と、考えつつモニターに向かう。

今、組んでいるデキシーバンドは、楽譜のやりとりは全部オンラインでやってる。

フィナーレで作った楽譜を、インターネット上の秘密の楽譜置き場にアップ。それを、メンバーがダウンロードして、各自宅でフィナーレ、もしくは、フィナーレノートパッドで開くと。

スコアもアップしてあるから、メンバーは、それをダウンロードすると全体の音も聴けてしまうと。こういうわけですね。
もちろん、プリントアウトもできるし。

便利な世の中になったもんだ。

もうフィナーレを使い始めて10年経つんだけど、その当時のフィナーレ(ver.5.1)&マック(ド初期パワーマック)は遅くて使い勝手が悪くて、例えば12人編成の五分程度の曲のスコアからパート譜を作らせるのに、二時間くらいかかってた。

「はい!スコアできた!マック君、あと、よろしく!パチン!」とリターンキーを押して、喫茶店に行って、読みたくもない漫画を読みふけって帰ってくると、マック君はどこかへ行っちゃって、代わりに爆弾が。。。とか。

今は、そんなもん、席を立つ前に出来上がるもんねえ。


最近、夜に作業をするときは、ヘッドフォンを使う。

でも、これがまた頭悪いんだ。出力がモニターの横に付いてる上にヘッドフォンのコードが短くてヘッドフォンをかぶると、モニターがすぐ目の前。「うーん、眩しいよお。首痛いよお。」という状態。

なんでモニターの正面に出力端子をつけてくれないんだろう。。。

まー、それか、もっと上等なヘッドフォンを買えばいいんだけど。
でも、今度買うなら、ノイズキャンセリング機能付きの奴を買いたいから、ちょっと様子を見ているのです。だって4万円くらいするもんねえ。簡単には手だせないよなあ。

コレ。
http://www.bose-export.com/headphone/qc2/
もっと安いの出てこないかなあ。情報求む!

  1. 2005/05/13(金) 14:44:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

都会育ち、田舎育ち

大須チェザリで、「葉巻の会」があり、そこで演奏。

葉巻屋さんがお客さんを集めてきて、

「葉巻をくゆらせながら、ジャズを聴いてもらおう」
という。なかなか粋な趣旨ですな。


演奏する側としては、
1.コーヒー(モカ?ラテ?)、もしくはハーブティー(カモミール?ローズヒップ?)を飲みながら、銀色夏生の詩集をよんでいるお客さん。
2.安ワインを飲みながら、エコーを吸いながら、女性を口説いているお客さん。
3.ヘベレケで、(表拍で)手拍子をしてくれるお客さん。

がいれば、そりゃあ、それぞれ演奏内容、演奏姿勢が変わってきますよ。


そういう中、今日の「煙モクモク状態」というのは、なかなか良かったよ。

煙は嫌いだけど、お客さん全員が、老若男女を問わず(子供はいませんが)葉巻を吸っているというのは、なかなか(ジャズ的には)いい雰囲気ですよ。

雰囲気に酔って、いつもとは違うテンションで演奏できた。
新鮮だったなあ。



その後、お誕生日ベーシストのツッチー土田さんと、しばらく話す。

氏は僕の実家のお隣、津島市(愛知県西方の片田舎)の育ち。

幼少の頃の話に花が咲く。
「ウチの周りは田んぼばっかりで。」とか、
「道路が舗装されたのは、小学校四年の時で。」とか。

そんななかで、「カエル」「ザリガニ」「爆竹」等について盛り上がった。

カエルを何匹か空き缶の中に入れて、爆竹を投入した。とか、
ザリガニに火の着いた爆竹を抱えさせて歩かせた。とか。

(疑問。現在、駄菓子屋で爆竹は売っているのでしょうか??)

その頃、カエルやら蛇やらは、恰好の遊び相手だったからねえ。
健全に命の尊さについて学んでいたと思うんだけど。

こういう事を、校庭がコンクリートだった都会育ちの人に話すと、驚かれるんだよねえ。

ヘタすると、異常者扱いされてしまう。
物騒な世の中になったもんだ。。。
  1. 2005/05/12(木) 02:22:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

「蚊」と「ドリンクバー」についての考察

昨日は、午前3時に寝たというのに、今朝は朝5時に目が覚めた。

左手の人差し指と右手の甲を蚊に刺されていて、痒くて目が覚めた。
僕は、寝ぼけていて、こうつぶやきながら起きた。

「このやろー!!俺は、ドリンクバーじゃねぇんだぞ!!」

と、言った後に、すごくおかしな事を言ったのに気づいて愉快になった。


蚊が、僕の血を吸いたい放題だった状態を
「蚊が、ドリンクバーを楽しんでいる。」
と表現したようだ。

でも、ドリンクバーなら、違う種類のドリンクも飲めて然るべきだし、蚊は、僕の右手と左手という違う場所で飲食している訳だから、敢えて言うなら、

「自分の町のロイヤルホストでコーヒーを一杯飲んで、またすぐに隣町のロイヤルホストでも、コーヒーを一杯飲んだ。」という状態だろうか。。。
drinkbar.jpg



しっかし、普段は「オレ」なんて言葉遣いはしないのに。
夢の中で、変なキャラでも演じていたんだろうか。
  1. 2005/05/11(水) 02:06:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お宝発見!!

なんでも鑑定団を見ていたら、信長の手紙に一千万円以上の値がついてた。

うちにも、何かお宝はないかしら。。。
と思って、子供の頃からの宝箱をひっくり返してみた。
ネジやら、文房具に混じって出てきた!お宝!!

さー、あなたなら、どのアイテムにいくら出す!



エントリーNO.1
「野茂の公式野球カード」
DSC00602.jpg

二十歳の時にアメリカへ遊びに行き、その当時に飛ぶ鳥を落とす勢いだった野茂投手の野球カード。

全然興味なかったけど、投資のつもりで$25で買った。
今では泣かず飛ばずですな。
興味ないんだから、見る目なんかあるはずも無いか。
頑張れ野茂!このカードに価値を!!



エントリーNO.2
「かとちゃんの電気ヒモ延長ヒモ 未開封」
DSC00596.jpg

どういういきさつで、僕の宝箱に入っていたのかわからん。
下の玉は、暗闇で光る素材と見た。



エントリーNO.3
「ウルトラマンシリーズハンカチ」
DSC00593.jpg

これは、幼稚園の頃、使っていた記憶アリ。
右上の母の字「てるきなとしのり」にじーんときますね。
ウルトラマンシリーズと謳っておきながら、五人しか出てない。



エントリーNO.4
「どらえもん のびたの恐竜ハンカチ」
DSC00594.jpg

これは、映画館で買ってもらって、大のお気に入りで使ってた記憶がある。



エントリーNO.5
「ピンクレディーコインホルダー」
DSC00601.jpg

裏面に「がちょんがちょん」と、十円玉が入るようになっている。
これも、実際使っていたような気がする。しかも、兄弟でおそろいで持っていたような気が。。。

今、気づいたけど、写真の「UFO」のポーズをとっている二人は、どう見てもピンクレディーだけど、これには、
「花のヤングスター」ってかいてあるだけ。
これは、ニセもんだったのね。



エントリーNO.6
「謎のハンコ」
DSC00586.jpg

ペリエと書かれたハンコ。10年位前に学校で拾いました。どうだ。いいだろ。
  1. 2005/05/10(火) 11:47:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

だらだらと。。。

昨日までの疲れを癒すために、今日は一日ゆっくりと過ごす。

朝はハーブティーを飲みながら、LPでモーツァルトを聴く。
指揮はもちろん「Yousuckbitch Anegasky」。
昼間は、サティのピアノ曲「Namako de Nanishita」を聴く。


まー、そんなことはおいといて。ウソだから。。。

ふと、テレビを見てたら、何年ぶりかに、

「ナントカ戦隊ナンナンジャー」というような戦隊モノがやっていたので、なんとなく見てたんだけど、すんごい豪華だねえ。

コスチュームとか。CGとか。まー、この時代だから当たり前なんだろうけど。。。CG使ったら何でもできるもんねえ。

今、見てるこいつらの衣装が、数年後にはアメリカに輸出されるんだね。


こう見えてもワタクシ、その昔、悪の組織「ショッカー」に所属してました。バイトで。

千種の公園で悪の練習してる人達みたことないですか?
アレです。ただ、「悪」の練習には給料が出ないんで、すぐ辞めたけど。

あんなに豪華なものを作られると、地方のヒーロー(を雇っている会社)は困るんじゃあないかなあと思った。(資金面で。)


まー、そんなことはどうでもよいですな。M原君。
これは、4日の写真ね。mihara.jpg

  1. 2005/05/09(月) 00:26:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ドナルドギブソン

ドナルドギブソンのリサイタルに出演。

またまた朝からリハ有り。昼公演。

昨日、あんまり寝れなかったからどうなる事かと思っていたけど、そんなに影響なかったよ、多分。

生島君に「目が充血してる。。。」って突っこまれたくらい。

あと、お弁当の鳥の唐揚が食べれなかったとか。
皮はちょっとかじったけど。


栄養ドリンク、シュークリームが差し入れられてた(出演者全員にね)。

誰だ!!こんな嬉しい事した奴は!!
さてはお前さん、僕が昨日テンパってたこと知ってるだろ!




できたコト、できなかったコト。いろいろアリ。
スライドと人情の狭間に垣間見られたトロンボーンの本質。←ウソ
どんどん前向きに行きますよー!


こういうプロとアマの垣根を低くするイベントは、もっともっとやるべきだね。

リハを公開したりしてもいいのでは?底辺を広げるという目的で。
それで次回の参加者が増えれば本望でしょ。


打ち上げ後、5/3から寝泊りした合宿所を引き揚げる。
一週間ぶりに家で寝ます。
お世話してくれた松本君に感謝!
  1. 2005/05/08(日) 00:51:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

音圧地獄 !!

朝から、明日の「ドナルドギブソン リサイタル」のリハ。

夜の七時半で、こそっと途中退場。なんたって、自分のライブがあるからねえ。とにかく体力を温存するために、朝からいろんな気を遣った。

①ライブまでは、コンタクトじゃなく、眼鏡にする。

②移動は下道じゃなく、高速を使う。

③路駐じゃなく、コインパーキングにする。

④ラーメンじゃなく、ウドンにする。しかもサラダ付き。

⑤大好きなウドンの汁は飲まない。

⑥なんとなく、単三電池を買っておく。

そうです。もう「いっぱいいっぱい」でテンパっていたのです。
とにかく、晩のライブ「音圧地獄 !!」を成功させるために、朝から晩まで気が動転状態だったのです。


そのライブ。。。良かった。消耗した。。。
このメンバー相手に加減なんて出来るわけがない。

吉野竜城(tu)
臼井康浩(g)
西村直樹(b)
近藤久峰(ds)
クラッシー(per)

ありがとうありがとう。
見に来てくれた沢山のお客さんもありがとう。

お客さんも、きっとわけがわからないまま消耗したに違いない。

フルスロットルのバイクにまたがっているのと似た感じじゃあないだろうか。

絵描きのお客さんから「絵が見えた」というコメントをもらう。
以前にも書いたことあるけど、僕も絵から「音楽が感じられる」ことがある。。。うれしい。



合宿所へ帰るも興奮覚めやらず、四時過ぎまで眠れズ。
tubamanmagic1.jpg

これは昨日の写真。
  1. 2005/05/07(土) 00:41:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

5/6の話しね

20050508124502
外から更新しております。
吉野さんは、7日のライブに出演して、8日まで名古屋に滞在。

今日は、僕も吉野さんも予定が入っていない。せっかく吉野さんが名古屋にいるのに、何もしないのは勿体ないので、急遽、愛知県芸を訪問して、チューバの学生、卒業生と「吉野さんと戯れる会」を開くことに。
学生が、現役オケプレイヤーと接する機会なんて限られてるからね。

いい会になるといいな。

さてさて、合宿所の松本君と三原君は県芸近くのトヨタ博物館へ。昨日のアレグリアに続いて、全力観光モードだね。

吉野さんと戯れる会はすんごくよかった。傍らで見ていて、盗むテクニック満載!

いろいろ使わせていただきます。

学生も喜んでいたようで、よかったよかった。

写真は、「裏芸ツアー」の様子。。
  1. 2005/05/06(金) 12:45:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タイトルなし

月曜日まで合宿中。んー。携帯で投稿めんどくさい。
  1. 2005/05/06(金) 00:39:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

それは冒険だ!

昼から、吉野さんと大須散策。なんだか、ここはいろんな人種がいておもろいなあ。

スペイン語の痴話喧嘩を見物できるのは、名古屋ではここだけではなかろうか。

見原君、松本君はアレグリアを見に行っている。
毛穴まで、どっぷりファンタジーの世界にはまって号泣するフレイレフジャンボリー見原君の写真が送られてきて笑う。


夜は、焼肉屋「美光」にて演奏。吉野さんにも参加してもらう。
初デュオは、短時間にもかかわらず、実りアリ。
なるほどなるほど。これはイケますよ。おもろい!duo.jpg



ユーフォチューバ奏者以外にも聞いてもらえるユーフォチューバ音楽ができそうだ!



お客さんで来ていた、とあるチェロ奏者に
「モーツァルトのレクイエムをやるからやって欲しい!」

と言われ、かれこれ10年ぶりに尻込みする。
なんでも、型にはまったことがやりたくないそうだけど。。。
僕が吹いていたのは、バルブボロントーンで美空ひばりですよ。。。

「どうしよう。どうしよう。」
と、千回ほどぶつぶつ迷った挙句、そのコンセプトに賛同して承諾。

二年後にオケデビュー!
の予定。いいのかしら。

太管のトロンボーン、売らなくてよかったー。
  1. 2005/05/05(木) 08:44:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ