GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

スーザちゃんズ@今池フレーバー

少し期間が空いてしまったのだけど、久々にお声をかけていただきました。
スーザちゃん。
今回は、ダメ元で、ツイッターで相方を募集してみましたら、一般の方から一件の応募がありました。
スーザ持ってるって、どういう方なんでしょう。

昨晩まで大雨、なんとか雨は上がりましたが、地面はぐちゃぐちゃのコンディション。
お祭りの運営の方々は長靴です。そうとは知らずに来たお客さんは、ぐちゃぐちゃになっている人もあり。

スーザちゃんはといえば、もともとの衣装がお風呂掃除のクツなので、泥はへっちゃらなのですが、長いスカートは泥だらけになるだろうなあ。

MCをしてくれる人を現地で探そうと思っていましたが、みそガンボボーカルのみつひろくんが、別のバンドで参加ということで、歩いているところをスカウトしました。そして、パーフェクトなお仕事をしてくれました。

2回の公演、泥だらけになりながらも、無事に終えました。てか、一回10分ほどだけどね。
「あ!あれ!見たことある!」とか「あ!またいる!」とか、「なんて強欲!」とか、いろいろな声が聴けてうれしかったです。

  1. 2017/04/09(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紙芝居のたっちゃんと

小牧市のとあるお寺にて、紙芝居のおっちゃんのたっちゃんとの公演。
もう7年も連続でやってるんですって。
7年っていったら、小学生が中学生じゃないの。下手したら、小学生が大学生じゃないの。
お兄ちゃんが、おっちゃんになってるじゃないの。
すごいねー。

そんな中、公演の中のちょっとしたアクセントとして、呼んでいただきました。
紙芝居に即興で音楽をつけたり、効果音をつけたり、自分にできることをそれなりに。そして、初めて音楽主導で、たっちゃんに協力してもらって、1コーナー作りました。
楽しかったなー。たっちゃんにも意見もらって発展させていきましょう。


  1. 2017/04/08(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しい

新しい職場へ初めて行ってきました。
いやー、これから何が始まるかワクワク楽しみ。
学食へ行こうとしたけど、もうちょっと後にとっておきましょう。
自分が学生の頃、学食に居た先生って随分身近に感じたもんだな。
  1. 2017/04/06(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

電気ジプシースペシャル

月イチのアルマジロ企画、今回は豪華!
クラリネット吹き、瀬戸信行さん率いる、電気ジプシースペシャルです。ファンファーレ・ロマンギャルドじゃないです。電気ジプシースペシャルです。どこが違うかといえば、曲が違うらしい。

いつもの見慣れたメンバーだからと安心していたら、曲が違った。
変拍子の難しい譜面を渡されるわけだけど、できるところはやる、今日練習するだけじゃ無理!というところは「うろたえない、動揺を客席につたえない」と覚悟を決めて、全力で飛び込んでいくことにしました。

この日は、富安秀行さんも応援に来てくれて、オープニングアクトを一緒にやりました。
お客さん、突然の富安さんの登場に大喜び。そりゃあそうでしょうねえ。
ぼくが企画をしだしてから、お客さんとしては、何が出てくるかわからないという状態でしょうから。
盛り上がりました。

そして本編。わかっちゃいたけど、アルマジロのお客さんは、懐が深い。
ジャンルの壁がないというか、興味ないというか。
ぼくの連れてきた変な人たちの集団もすんなり受け入れてくれたようです。
こんな土壌を育ててくれた富安さんに感謝。
しっかし、みな、キャラが濃すぎて、ぼくはどうがんばっても埋もれるなあ。マイッタなこりゃ。ダンサーのmasamiさんも、お久しぶりのご一緒だけど、素晴らしいな。うれしいなこりゃ。

終演後は、いつもなら、みなさんを我が家へご案内するところだけど、新居に引っ越してからそういうことはできず、お友達のお家へ皆さんを連れていきました。あー、打ち上げできずさみしいなあ。
だれか、県外から来るミュージシャンがドバーンと泊まれる部屋、提供してくれないかしら。ぼくも一緒に泊まれるような、近所で。

これに近いメンバーで、今度は5月26日(金)に今池のバレンタインドライブでやります。今度は、ファンファーレ・ロマンギャルドです!

  1. 2017/04/05(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

物置が

昨日は、小型ジェットでお仕事から帰ってきてから、給湯器のことかまっていましたが、今日は、物置がやってきました。
これで、外にほっぽりだしておいてあるスーザフォンとか、家に入れられますね。
  1. 2017/04/04(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大分より帰る

昨晩は、「明日の朝早く起きれるかしゃん?」と心配しながら吞んでいたのですが、今朝は、なんてことなく、朝6時に目が覚めました。
宿についている温泉に入り、朝ごはんいただき、①番線のバスに余裕で乗ることができました。
大分空港を9:20に出て、11時前にはすでに中部国際空港に着いていて、なんだか大分にいたのが夢のようです。

中部国際空港からの帰りは、いつも空港内の刀削麺のお店に寄ることにしているので、無理やり寄りました。
クルマを泊めておいた予約の駐車場からクルマで帰宅し、待っていたのは、給湯器の初期不良の修理と。
さっきまでわたし、飛行機でお仕事に行ってきたんですけどー。
  1. 2017/04/03(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭 哲ミュージックアワー2/3

引っ越ししてから、バンドメンバーにウチに泊まってもらうことが出来なくなったため、愛知の公演なのに、バラバラに泊まっています。スペースがなくて、チューバとかまだ屋外に置いてあります。。。
今日のライブ会場は、おなじみ御器所のCOTAN。今日のライブは、鬼頭さんによるワークショップ付き。
2013年の冬に、KABB!でクリスマスコンサートをした時に、(規模は違いますが)同じようなことをやりました。それがとても楽しかったのを覚えていて「また機会があればやりたいなあ」とずっと考えていましたが、それが実現しました。ど平日に。

ドラムの近藤君、いつもツアーの時なんかに「もうちょっとスペースなんとかならない?クルマに積むときにコンパクトにならない?」なんて、言っていたら、とんでもなくコンパクトなセットを持ってきました。うーん、これはなんと説明すれば良いのやら。スタンド類は小ぶりで足だけアルミ製、キックペダルはぺしゃんこに折りたたまれるもの。太鼓の類は、どれもこれもペラペラ。一番大きなはずのバスドラムに至っては、カホンケース?もうわけわかりません。感嘆を通り越して呆れます。いやー、すごい。

ワークショップの参加者さんが、緊張した面持ちで集まってきます。ぼくは、ワークショップは楽しいことになるのが解っているので、ワクワクして見てました。
楽器の技術的な習熟度は関係なし。ぐいぐいと音楽に説得力と意味が現れてくる様は、見ていて感動を覚えます。

からの、バンドのライブ。さっきまでワークショップ見ていたので、自分も空回りするくらいの気合が入っております。

ライブの最後には、ワークショップ参加の皆さんとの大セッション。盛り上がりました。
音楽の価値観を共にする人たちと一緒にステージを作り上げることができるというのは、大きな喜びです。またやりましょーねー!
  1. 2017/03/16(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケニーズオールスターズ

東日本大震災の日。2012年からずっと東北回りのツアーに参加してきました。
一番初めに行った頃は、まだビルにクルマが突き刺さっていたり、市街地にタンカーが転がっていたり。仮設住宅を回ったり、復興商店街を回ったり。復活したライブハウスで演奏したり、はたまた床屋さんで演奏したり。各地で友人ができ、おもてなしを受け。
毎年、気仙沼の山の上で会える方もいました。楽しみにしていたのだけど、今年は辞めました。
行かないことを決めてからの後悔と無念。今年も東北周りをしているバンドメンバーへの気持ち。
目の前から動くものが全て止まる2時46分。ぼくは東北の風のなかに居よう。


ケニーズオールスターズ、張り切って会場に入ったら、早く着き過ぎていた。
企画モノビッグバンドということで、当日、長いリハーサルをするわけですが、なんとも和気藹々とした雰囲気でしかも効率よく的確に進められたので、ダメージほとんどなし。これはありがたい。
本番は、満員のお客さま。
中路さんの、野太い音にバルブトロンボーンで合わせにいくのは、かなり神経を使いましたが、それもシアワセのうち。

学生の頃、東京にレッスンに通っていた頃に、よくライブを見に行っていたバンドのテナーサックス奏者が、今回のメンバーの岡崎さんでした。自分の憧れのヒーローなわけですが、そんなこと、お話しするのもどうかと思っていたのだけど、なんと岡崎さんの方から話しかけて来てくださいました。あれまー。こんなひよっこ覚えていてくださったなんて。うれしい。
  1. 2017/03/11(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団トロンボーン飲み会

来年度も講師をやらせていただく予定の、岐阜の市民ジャズバンド、楽市ジャズ楽団のトロンボーンセクションのリハーサル。ではなく、飲み会。
今年度、お疲れ様とか、また来年度もよろしくお願いしますとか、あんまりそんな大義名分もないですが、まあ、みんなで集まりましょうよ。ということで。

大名古屋ビルヂングの中に、こんなにお洒落な飲食店街が入ってるなんて!
かつては、この辺りの高級焼き肉屋さんで演奏していたぼくですが、すっかりこの辺りにも馴染みがなくなってしまいました。てか、名古屋で馴染みがあるところが、今池だけになってきた。

お仕事帰りでスーツ姿の、皆様。ピシッとしてますねえ。
お洒落な飲食店街から始まった飲み会ですが、最後は駅西の屋台へ。
  1. 2017/03/10(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ会議

今年の秋に開催されるユーフォニアム&テューバフェスティバルin名古屋の準備会議こと、モコモコ会議でした。
話の流れで、一般の方を交えて飲み会を開催していくことになりました。お楽しみに!

一旦帰宅して、モコモコを脱ぎ捨ててトロンボーン奏者に変身。バキバキのホーンセクションです。
スタジオに入りリハーサル。休憩なしでスルッとできるようになりました。わたしたち。
つるのりバンド、メンバーがいい曲がいい、楽しい。
なんとか、アルマジロでできないか、調整してみましょう。

  1. 2017/03/09(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

粗大ゴミからリハーサルからコンサート

引っ越し、まだまだ続いております。と言っても今日は前の家のあと片付け。粗大ごみに町から購入したシールを貼って、通りにだしておきました。壊れてしまっていた電子ピアノ、さようなら。

お昼はビッグバンドのリハーサル。またまた、ケニーズオールスターズという企画モノビッグバンドにお誘いいただきました。今回はバストロンボーンではなく、普通にテナートロンボーン。ゲストに中路さん!いやー、緊張するけど楽しみだなあ。

初めての曲たくさん、初めてご一緒させていただく方、たくさん。
半分、ズルしているような気分ですが、今回はバルブトロンボーンで参加させていただくことにしました。勝手に。

夜は、学生さんのバリチューのコンサートを聴きにいく。ぼくもこんなことやってたっけなあ。ぼくが学生の頃はあまり外でコンサートとかやらなかったかなあ。
  1. 2017/03/07(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おちついた

一連の引っ越しをしながらのライブシリーズが一段落し、ふと先を見てみたら、あれま!
編曲しないといけないでないの。宿をとらないといけないでないの!あれま!今日しか練習する時間ないでないの!

ということで、大慌てでいろいろな準備をしました。
防音室のスピーカーが、無線でつながるようになったよ。
  1. 2017/03/06(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MUTOクインテット

知多地方にて開催されている、知多音楽祭の一環として大府で開催されたコンサートに出演させていただきました。大学の先輩のトランぺッター武藤さんのグループです。
演目は、ジャズ、ポップス、そして動物の謝肉祭などのクラシックも。
基本的にユーフォ、たまにチューバを吹きました。
市民団体主催の手作りのコンサートということで、随所に運営の方々の温かみを感じることができました。
武藤先輩の音色ったら。ぼくがテキサスに留学していた頃に、ボルティモアにいらっしゃった先輩。クルマで何日かかけて遊びに行ったこともありますが、そんな先輩が、変わらずしびれるトランペットを演奏しているというのは、とてもとても嬉しいのです。本番は、たくさんの家族連れが来てくださいました。基本的にクラシックのコンサートといった雰囲気だったのだけど、演奏者が向いている方向が皆同じ。大事なことをちゃんと共有できている幸せ。
また一緒に演奏させていただきたいです。
  1. 2017/03/05(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テルキー&トモカからCJO

トモカさんとの演奏、最終日は地元津島市の観光センターでの演奏。
ゲストとして先月もご一緒させていただきました、地元のシンガーのケイさんにも唄っていただきます。
会場入りしてみると、ケイさんがトモカさんに「着物着ますか?」と。実は、ぼくにも同じようなことを打診してくださっていたのだけど、ぼくは今回は演奏終了後すぐに移動しないといけないので、泣く泣くお断りしていたのでした。トモカさん、こんな素敵な着物になりました。
そして、ケイさんも。うー。なんて華やかなんでしょう。

演奏は休憩なしの70分。お客様は、100人もの方々。オリジナル曲を中心に演奏しました。天井が高く、どれだけ吹いてもうるさくならないので、気持ちよく演奏させていただきました。そして、ケイさんも。歌ってやっぱりいーなー。さいこー。
終演後は、機材もそのまま、脇に寄せるだけ。トモカさんにもお別れをして、クルマでビューンと名古屋へ。金山のケニーズに滑り込みまして、そのままセントラルジャズオーケストラ夜の公演のリハーサルへ。楽器はバストロンボーンに持ち替え。
満員御礼!
このバンドはいつもバストロンボーンの席は照明が暗くて楽譜が見えづらく。
今まで避けてきましたが、ついに譜面灯を買いました。買ってしまいました。この手のもの、どうせすぐに無くしてしまうのだけど。。。

  1. 2017/03/04(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサル

まだまだ先のようなつもりでおりましたが、カレンダー見直すと、いろいろなライブがもう目の前じゃないですか、二月マジック!というか、それが普通の二月!

「二月の引っ越しは無謀だったかなあ。でも、3月になると、いきなり高くなるっていうしなあ」とぶつぶつつぶやきながら、リハーサルへ向かいました。
すっかり、メンバーがそれなりのキャラと特色を全開に出すようになりましたビッグバンド。たのしいです。ぼくは地味なところにいようと思いますが。
午前中のバンドリハーサルに続き、午後はトロンボーンのセクションリハーサルへ突入して、みっちりと詰めました。

帰宅後は、引っ越し準備。

いろいろな荷物をひっくり返して処分したり、まとめたりしていましたら、アメリカで、クルマでメキシコへ行こうとして、砂漠の真ん中でクルマが壊れて立ち往生して、たまたま通りかかったカウボーイに1週間お世話になったときに、彼の牧場内にある、もともと先住民が住んでいた場所に連れて行ってもらったときに拾った矢じりとか出てきて、しばらくボーッと眺める。

この、正体不明の大量のCD-Rは、もう処分してしまいましょう。
  1. 2017/02/22(水) 02:31:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

知多音楽祭リハーサル

名古屋市内の高校の先生をやっている大学の先輩(トランペット吹き)にお誘いいただきまして、来月にジャズとクラシックを融合させたグループのコンサートに出演させていただくことになりまして、本日は、そのリハーサルへ行ってきました。

大学の先輩(トランペット)
奥様(ピアノ)
大学の先輩の留学先の学友(トロンボーン)
大学の先輩の教え子(サックス)
大学の先輩が留学中にクルマで二日かけて遊びに行ったことがある後輩(わたし)

というユニークな繋がりのあるグループです。
クラシックやらジャズやら、いろいろ演奏します。
知多音楽祭、きてねー!

  1. 2017/02/20(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーンネーション

昨晩、家に帰った時点で家のなかの様子が様変わりしておりました。
そう、今週は引っ越しウィークです。
引っ越ししながら、ライブたくさんです。

今回のトロンボーンネーションは、宮本さんがこれで卒業ということでした。
憧れのプレイヤーと随分と長くご一緒させていただけました。これからも追っかけないと。
次回は、7月です。編曲たくさんやりますよー。
  1. 2017/02/19(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学校公演から帰る

熊本市内の学校を3つ、レッスンとミニコンサートというプログラムで周りました。
地震の後は、こういうことができておらず、胸につっかえたものがありましたが、2年ぶりに会えた生徒さんも多数いてとても良かった。また来るからねー。

帰りの最終の飛行機の中で、眼鏡を紛失しました。
寝て、起きたら眼鏡してませんでした。どこへ行っちゃったのー。
次は、また6月に来れるのかな。うれしいなあ。

  1. 2017/02/18(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

富安秀幸&照喜名俊典熊本ツアー3/3

午前中から、ちょいと阿蘇の方面へ足を延ばして、昨日、来てくださったお客様のやっているというカフェへ。富安さんがどうしても、ぼくに見せておきたいと。倉庫カフェ?なんだそりゃ?

果たして到着して見ましたら、その名の通り、倉庫を改装してあるカフェでした。
中に入ってみたら、想像以上の設備。立派なステージに音響設備に、ドラムやピアノ、ウッドベースまであるじゃないですか。すごいなあ。マスターとおしゃべりしながら、ゆっくりと過ごしました。
出がけに、富安さんとマスターがバタバタと、6月の出演予定を決めておりました。なんと、ぼくも混ぜていただけるそうです。やったー。

夕方になって、本日のライブ会場、長崎次郎喫茶室へ入る。
ここでは、何度もライブをやらせていただいてます。文化財に指定されるほどの古い歴史的な価値のある建物で、これまた地震を乗り越えました。去年、琉球ポリゴンで熊本にライブに来た時に、おちゃをしに来て、マスターと再会を喜びました。

本日の公演は、熊本が誇るスーパーピアニスト、赤星さんにも参加していただきます。
ライブの前半、がっつりと、ピアノ伴奏でのユーフォニアムソロ。
目の前を、音を立てながら市電が走っていきます。
後半は、富安さんとぼくのステージ。
アンコールでは、赤星さんも含めて3人で。

終演後も、お客さんとしばらくおしゃべりしていました。

富安さんとは、ここでお別れ。
富安さんは、熊本でもう1公演。そして、またライブしながら、愛知へ帰るんですって。
ぼくは、熊本市内で学校訪問。3つ!


  1. 2017/02/17(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たっちゃんからPEDAL VOX

お昼間に、紙芝居のおっちゃんのたっちゃんの公演を見に行く。
とあるホールで行われた教育関係の会合に講師として招かれて、壇上で講演と紙芝居をするんですって。
たっちゃんとの初めての出会いはいつだっけなあ。どこだったっけなあ。
全然覚えてないですが、ステージに立っているたっちゃんを見て、なんだか涙が出てきてしまった。

夜は、昨日、対バンしたPEDAL VOXのライブ@なんやを見に行くことに。
居酒屋の座敷でのライブ。ステージ前に机を一列に並べて、かぶりつきで見ました。
至近距離で、大迫力。そうか、いつもお客さんは、こんな状況なのね。こりゃ楽しいわい。
ぼくは大人しく帰りましたが、バンドのみなさん、今日はここに泊めてもらうそうで。
いーねーいーねー。いろんな人が応援してくれるねえ。
  1. 2017/01/28(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー財田公演

朝早く、会場に入りましたが既に共演の中学生さんは音出しをしてました。皆さん、さすがに早いですねえ。午前中は、チューバマンショーマネージャーの二人による楽器クリニックと共演曲のリハーサル。
顧問の先生が傍らで見てくれていましたが、休憩中に話をすると太鼓の専門の方ということで、急遽、中学校からドラムセットを持ってきて参加してもらうことになりました。

中学生が元々取り組んでいた曲に乗っかってチューバマンショーがソロを吹くということで、オブラディオブラダと情熱大陸をやりました。元々出版されているもので共演するというのは、初めての試みです。

お昼ご飯はうどん。

午後の公演始まり、100人ものお客さんに来ていただけました。
前半、後半としっかり地元の方に笑っていただきまして、最後に中学生さんと共演。
とてもとても楽しかったです。愛媛からも来てくださった方がいて。まだ愛媛でライブしたこと無いんですよねー。

からの、うどん。

  1. 2017/01/21(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユッキィバッキーテルキー1/3

朝早くに家を出る。
「ユーフォは何があっても網棚、網棚、網棚」と唱えていましたが、満員電車は辛うじて逃れることができました。朝9時の高速バスで名古屋を出る。
通路を挟んで反対側の女子二人がずっと高笑いをしている。すごいエネルギーだ。

その女子二人が霞が関で「え?ここで降りた方が良くない?すみません!降ります!お金は?一緒?」とか言いながら降りたのでホッとしているうちに東京駅に到着。四谷に向かう途中で、霞が関駅を通過。そうか、ぼくもあそこで降りた方が近かったのか。また東京に一敗。

今日の会場、のhomeriは、いろーんな知り合いが出演していて、来てみたかった場所。
あらー。いいお店。

オープニングアクトは、クラリネットのみんみんちゃんバンド。いろんな所でお客さんとして来てくれてましたが、その雄姿を初めて見るわけです。リハーサル聴いてたら、泣いちゃった。
私たちのサウンドチェックは、管楽器ならでは。あーでもない、こーでもないとか言いながら、立ち位置やら楽器の向きを変えます。エレキ楽器だったらこうはいくまい。何の優越感だかしらないけど。

さて、サウンドチェック終わって、外に出て帰ってきたら満員のお客さん。オープニングアクトは外で聴きました。MCは聴こえなかったけど、演奏はちゃんと聴こえてきました。

つづく

さて自分たちの演奏は、手ごたえを感じつつの内容。 終演後もしばらくお客さんと話してました。 そして、高速バス。新宿バスターミナル。 またあの新宿のわけのわからない雑踏の中から出発するのかと思うと気分が悪くなりましたが、着いてみたら立派なバスターミナル。そうか、まえのアレは仮設のものだったのね。ひどかったもんなあ。 バッキーがバスの中で食べると良いという、スペシャルフードをくれました。 チーカマ。音がしないから。だそう。
  1. 2017/01/17(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Yazako Band コンサート

とうとうやって参りました、久しぶりのクラシックのコンサート。
打ち上げをしっかりと楽しめるよう、朝から電車移動です。
おっとアブナイ。ギリギリ、通勤電車を回避したようです。

大学の恩師が編曲した楽譜を、当時学生だったメンバーで演奏するという、このコンサート。
当時、迷惑をかけっぱなしだったぼくは「誰にも迷惑をかけない!」というのを一つの約束にしておりましたが、自分が会場に着く予定にしていた15分前から、ミーティングが始まるという連絡が入り、電車を飛び降りて(飛び降りてないですよ)タクシーに飛び乗って(飛び乗ってないですよ)会場に滑り込みました。アブナイアブナイ。

昨日までリハーサルを重ねてきた面々の他に、今日、遠方から楽器を持ってかけつけた同窓生がたくさんおりました。喜びを伝えあいます。

午前中のリハーサルは、地元の中学生さんとの共演部分のリハーサルや段取りの確認となり、自分たちの演奏のチェックはナシ。うん。自分たちはもういいのいいの。

本番始まりたくさんのお客さんの前での演奏が始まりました。
あまり細かいことは言わないけど、ウィンクしあったり、微笑みあったり、たまにふざけたりと、そんな時間でした。自分でも今までそうやって音楽をしてきたつもりなんだけどなあ。まだまだだったんだなあ。暖かい雰囲気に包み込まれた中で、延び延びと遊びました。

終演後、お客さんとして聴きに来てくれていた同級生に「なんだ!あの頃よりも深みがある音してるじゃないか。」なんてこと言われて涙が出そうになったり。
そして打ち上げへ突入。
「いつ、先生のスピーチが始まるんだろう」とドキドキしていたら、最後までそんなもの有りませんでした。そんなところも先生流。ぼくもこういう風がいいな。
  1. 2016/12/11(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Yazako Bandoリハーサル

午後から、岐阜県各務原市のホールにて、明日のコンサートのリハーサル。昨日は自主的なリハーサルですが、今日は、音楽監督でありアレンジャーである、大学の先生がやってきまして、ピシッと背筋を伸ばしてのリハーサルです。

14時から21時まで、みっちりと。
ぼくにとっての緊張する時間というのは、これで終わり。
つまり、やったことを修正する時間はこれで終わり。
明日は、本当の音楽の駆け引きとか表現とかそういうものに集中できる、幸せな時間が待っているだけです。

明日、打ち上げでしっかりと呑めるよう、移動の段取りもしっかりと組みました。いぇい!
  1. 2016/12/10(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Yazako BandからSSW×チューリップハッツ

午後イチで、日曜日に本番を控えたクラシックのコンサートのリハーサルを中村区にて。慣れないことにこれまたキンチョーしていて、第一回目のリハーサル同様、必要以上に早く会場に着いてしまった。部屋が開く1時間前ですよ。

大学の先輩や後輩と作り上げるコンサート。全体的に、和気藹々とした雰囲気で進みましたが、皆、どことなく緊張感が高まっている雰囲気があります。準備万端だぜ! 本番の衣装について話し合う女性の先輩方。バーゲン会場みたいだ。(見つかったら怒られるな)

リハーサルを終えて、雨の中クルマで御器所なんやへ移動します。
なんたって、今のリハーサルで使ったユーフォと、夜のライブで使うチューバ積んでますからね。

会場へ楽器を搬入しようとしているところへ、SSWさん到着。
クラリネット瀬戸さん、ドラムのわたんべさん、ギターの清野さんは始めまして。
リハーサルを聴いていましたが、心地よくていつの間にか夢の中。

よだれを拭いて自分のチューリップハッツのリハーサルへと臨みました。
実は、トランぺッター岬ちゃん、ウハウハです。ずっとレコーディングを進めてきた、スモッグブラスのCDが、先ほど家に届いたそうです。今日、持ってきているそうです。そりゃあ嬉しいでしょうよ。おめでとう。

ライブ本編始まりました。チューリップハッツが先。ええ、浮かれています。いいの、そんな日があっても。
そしてSSWさん。なんだろう、ギターの清野さんがものすごく気になる。目が行く、耳がいく。そうか、よく分析できていないけど、今まで見てきた誰にも似ていないんだな。
終演後、おしゃべりもそこそこに、クルマで帰宅して我が家にお泊りいただくSSWの皆さまを迎える準備をして。家でさんざんおしゃべりしました。清野さんは、昔から気になってYouTubeなんかでチェックしていたバンドのメンバーということが判明。そうか、ぼくは昔からこの人のこと好きだったんだな。


  1. 2016/12/09(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビッグバンド学校公演

朝5時に起きて、5時半に家を出て、6時にとあるメンバー宅に集合して、岐阜県へ学校公演へ行ってきました。
体育館での演奏。男性メンバーは、黒スーツに蝶ネクタイと決まっているのですが、女性メンバーは、黒の衣装としか決まっておらず。ぼくは、ジャケットの下に薄手のダウンジャケットを仕込んで臨みましたが、女性メンバーでノースリーブの人がおりました。いやー、見てるだけで寒くなるんですが、演奏が始まれば、そういうの関係なくなるの知ってます。かっこいい。暑さ寒さの他、お腹が空いただとか、トイレに行きたいだとか、そういう欲求も全て意識の外に吹っ飛ぶので、アドレナリンなのか何なのか知らないけど、演奏の本番への集中力というものはすごいもんです。

珍しく、メンバーで乗りあって、ワイワイと移動しました。いつも、なぜか単独行動になってしまってすみません。こういうの、いいですね。

無事に公演を終えて帰宅したら、夕方から乾杯してやりました。
  1. 2016/11/26(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Ryuty大須演芸場公演

沖縄から大好きな二人組Ryutyがまた名古屋にやってきます。
今回のライブ会場は、大須演芸場。

落語とかやる場所ですね。大須演芸場といえば、わが青春のハコ。
落語には縁がないのですが、ぼくが学生の頃から卒業してしばらく、大須オペラというのをやっていて、その伴奏のオーケストラ(といっても各楽器一人ずつの最小編成だけど)で、何年も参加させていただいていたのです。客席を一部とっぱらって、ミニマムなスペースを確保して。ユーフォニアムを膝に置いてトロンボーン吹いて、さっとトロンボーンをスタンドに刺してユーフォに持ち替えなんてことをしてました。当時は、ネズミがいて猫がいて、その他の虫やらなんやらかんやらが居て、とても楽しかったのを覚えています。

その大須演芸場は、経営のピンチを何度も迎えるも、立派に存続しているようで、すっかり綺麗になってました。でも、あの当時の会場の匂いは脳裏に焼き付いていて、会場に入るなり強烈に思い出しました。ああ、あの青春の日々!

Ryutyのライブ、楽しく見させていただきました。大須演芸場の2階席から。ここも、オペラの練習の休憩中にここで寝込んでしまって、大声で名前を呼ばれてムクッと起きたら笑われたという、苦い思い出があります。
お客さんには秘密だったのですが、3曲ほど飛び入りさせていただきました。シアワセの時間。
終演後、Ryutyの二人はあっという間にお客さんに取り囲まれて、遠慮して話しかけもせず。
久しぶりの大須の街を散策して「さあ、帰るか」と寂しさをこらえてクルマに向かったところに、Ryutyの二人が歩いてきました。ごめんね。握手がしたかった、話したかった。またゆっくり来てね。
  1. 2016/11/23(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CJO学校公演

ビッグバンド、セントラルジャズオーケストラの学校公演。
朝8時入りですが、ぼくにはラッキーなことに隣町での開催です。15分で行けるがね。

早起きして、朝ごはん食べずに会場の近くまで行って、適当な朝ごはんを食べる段取りにしてました。
で、予定通り、会場の近くのコンビニに来たわけですが、そこで財布を忘れていることに気づきました。ひもじさをこらえて、午前中の公演を空腹で演奏する決意をしました。

セッティングしてサウンドチェックからリハーサルまで、滞りなく進んで10時過ぎに楽屋に帰るとお昼ご飯のお弁当がありました。嬉し恥ずかし、大人になってから初めての早弁です。

早弁のエネルギーで、モリモリ吹きました。いやー、モリモリに盛り上がりましたねえ。
公演後、近所に、ライブでお世話になっている大好きなカフェがあるので、そこでコーヒー飲んで帰ろうかと思ったのですが、早弁はできたけど、コーヒー飲むお金は持っていないことに気づき、とても寂しい気持ちで帰ったのです。
  1. 2016/11/17(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団リハーサル

講師として参加させていただいてます、岐阜の市民ビッグバンドのリハーサル。
来年1月に井上あずみさんをゲストとして招いてジャズフェスティバルを開催します。

トロンボーンの講師というのは、当然バンド全体をディレクションしているわけではなく、トロンボーンのパート指導をしています。もう10年近くやらせていただいてますが、近年はメンバーの皆さんのレベル、経験値がグンと上がって、本番でぼくが演奏するウェイトがものすごく軽くなっていました。
何か問題が起こったときは、サポートしますよ的な。講師としては、うれしいんですけどね。もうちょっと演奏したいなとか思っていたのですが、今回のジャズフェスは、講師バンドみたいな場面があり、ガッツリと演奏することになりそうです。

  1. 2016/11/16(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鯖イバル飲み会

京都在住のユーフォニアム奏者、志津さんと「なにか違う形の合宿がしたい」と飲み会の席で盛り上がったのが2年ほど前だろうか。
福井の小浜から京都の出町柳まで続く鯖街道を楽器を背負って歩くという「鯖イバルミュージックキャンプ」構想が立ち上がりました。

なぜか平日に設定されるこのキャンプ、第一回目の募集は、この5月。
ガチンコで歩きたいという参加者おらず、小浜から京都まで鯖街道沿いをドライブして最後にワークショップと飲み会をするという結果になりました。

そして、輝かしい第二回目の募集が今日を含めた前後3日間。
言い出しっぺ当事者のぼくですが、いろいろと都合が悪くなって、本日の飲み会のみの参加となりました。
「まあ、今回も参加者さんいないんだろうな。」なんて思っていたのですが、実は、居たのです。お世話になっている沖縄カフェバーの店長さんでチューバ吹きのうっちー。

鯖イバル講師の志津さんと、昨日、小浜を歩いて出たようです。楽器担いで。
京都での飲み会に現れた二人。壮絶な旅をしてきました。
楽器担いで峠道を歩くとどうなるか、というドラマをここで語る権利はぼくにはないので、いずれ、尾びれ背びれつけて吹聴して回りたいとおもいます。あほですやん。

第三回目の募集が春に決まりました。
あほですやん。いや、参加しますけどね。



  1. 2016/11/14(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ